トライアングルは4波動目の可能性が高いのか?




トライアングルは、為替チャートに度々現れる修正波です。


エリオット波動において、「5波動推進波の担保になる」とよくいわれますが、本当にトライアングルの後に、5波動目の上昇があるのか、また、その場合のエントリーのタイミングは何処なのか探ってみたいと思います。








エリオット波動のトライアングル




目次






No.5 エリオット波動入門!  修正波のトライアングルは4波の可能性が高いのか?

  • 3波構成ではない修正波
  • トライアングル
  • ランニングトライアングル
  • トライアングルの出現で4波の可能性は高くなる

No.6  エリオット波動入門!  フィボナッチ比率をエリオット波動で使いこなすために必要な知識









エリオット波動で3波動構成ではない修正波




エリオット波動では、上昇5波動(推進波)と下降3波動(修正波)で1つのサイクルを構成します。

ジグザグやフラットなど3波構成になりますが、修正波の一種で5波構成のものがあり、トライアングルはA-B-C-D-Eの5波動構成になります(稀に延長します)。

収束型と拡大型がありますが拡大型はほとんど出現しません。




トライアングル




各波動の内部波動は3波構成になっており、ジグザグが多く出現しますが、複雑な構成になることがあります。

AとC、BとDの終点を線で結んだ形で、対称、上昇、下降のタイプがあります。

トライアングルでは、交互の波の関係がフィボナッチ比率0.618になることが多く、CはAの0.618、DはAの0.618、EはCのフィボナッチ比率0.618の長さになります。



トライアングルのエントリーポイント



為替相場でトライアングル出現した場合は内部でのエントリーは避けて、ライン付近でのエントリーがリスクが少なく、最後のE終点でのエントリーであれば、5波動の終点まで大きな利益を狙えます。

しかし、Eの終点は捉えにくいことがあります。
クリックすると大きくなります

上の図のように、Eの終点はラインに届かないことや、ラインを越えてしまうことが多々あるので注意してエントリーしないといけません。



ドル円為替相場でのトライアングル


クリックすると大きくなります

上の図はドル円為替相場でトライアングルが出現した日足チャートです。

AとCを結ぶラインをEが越えているのが分かります。  



Aが5波動構成の場合も注意が必要です。Aが推進波の場合は、Aが1波動目となり、abcの修正後、下に抜ける可能性が出てきます。


ランニングトライアングル

クリックすると大きくなります

トライアングルのBがAの始点越えることもよくあります。上の図のような形をランニングトライアングルと呼びます。

内部構成などは、トライアングルと同じです。

注意したい点は、Bが終了した時点では、修正波の拡大フラットと同じ構成となるところです。











エリオット波動では、トライアングル出現で4波の可能性は高くなる



トライアングルは小さな段、階の、A-B-CのB、ダブルジグザグのX波、横這いの複合修正の最後などに現れます。

しかし、日足などの大きな段階の波動に現れると4波動目の可能性が高くなります。

また、リトレイス(こちらを参照)で3波動が1波動の1.618倍以上、チャネル(こちらを参照)をブレイクなどの条件が揃えば、さらに可能性は高くなります。

その後の5波動目は、勢いよく上昇し5波動が延長して大きくなる場合もあります。




為替相場、トライアングル後の延長

クリックすると大きくなります
上のチャートはドル円為替相場の週足です。

4波動目で対称型のトライアングルが現れて、その後勢いよく5波動目が延長しているのが分かります。


エリオット波動では、大きな段階の波動で、一定の条件を満たせば、4波動の可能性は高くなります。


「No.6  エリオット波動入門  フィボナッチ比率!をエリオット波動で使いこなすために必要な知識」に続く




Powered by Blogger.