エリオット波動の「衝撃波のエクステンション」を徹底解剖!






先日、「エリオット波動のエクステンション(延長)を解説してほしい」のとコメントを頂きましたので、できる限り分かり易く解説してみたいと思います。










エリオット波動のエクステンション




エリオット波動で衝撃波を正確に数えるには、エクステンションを理解しておく必要があり、少し難解。

衝撃波がエクステンションすることにより、時にその波形はWXYのダブルジグザグなどに見えることもあり、とても厄介です。

しかし、波のカウントを難しくしている、このエクステンションを理解することができれば、適切なポイントで利益確定ができるようになってきて、勝率がたとえ低くても収益が上がるようになってきます。

また、内部波動の理論が身に付き、絶好のタイミングでエントリーできるようにもなってくるので、ぜひこの機会に身に着けてください。




エクステンション(推進波の延長)




エリオット波動においての波動原理は、トレンド方向に大きく進む5波動と、それを調整する3波動の合計8波動で1つのサイクルを構成します。

このトレンド方向に大きく進む5波動を推進波といい、そのほとんどが衝撃波という形になり、稀にダイアゴナルトライアングル(斜行三角形)と呼ばれる変則パターンも現れます。

この5波動構成の衝撃波は、4波と1波は重複せず、また3波が最も短い波にはなりません

一般的に衝撃波はチャネルライン沿いに進み、その中の1つの推進波はエクステンションしてきます(1.3.5波のうちの1つだけ)。

この延長波を表現するのは、なかなか難しいのですが、ひとことでいえば、さらに小さく細分される波を持つ衝撃波といった表現がよいと思います。

後で見てもらいますが、実際のチャート上では、この延長波がしっかりと確認できる形で現れてきますので、慣れてくれば判断できるようになるでしょう。





エクステンションの種類


クリックすると大きくなります




ほとんどの衝撃波には延長波が含まれ、1.3.5波の中の1つしかエクステンションしません。 通常、最もエクステンションするのは第3波動で、それを簡略化したのが、上の一番左の図です。

第3波動の中に、さらに細分化された推進波が含まれているのがお分かり頂けると思います。 これを3波動目延長型衝撃波(推進波)といいます。

株式相場や先物相場とは異なり、レバレッジをかける為替相場は、第1波動と第5波動もエクステンションすることがあり、特に第5波動はよくエクステンションしてきます。

上の真ん中と右の図で、5波延長型、1波延長型衝撃波と呼びます。





実際のチャート上でのエクステンション




それでは、ドル円為替相場での、それぞれのエクステンションを見てみましょう。



1波延長型衝撃波

クリックすると大きくなります

上のチャートはドル円為替相場、2016年7月8日からスタートした1波動目延長型衝撃波です。

1.3.5波(赤)の推進波は、それぞれチャネルラインに沿って上昇し、その中で1波が一番大きく上昇しています。その後3波、WXY(ジグザグ、ジグザグ、トライアングル)の4波と続き、最後の5波動目が2-4チャネルにタッチして終了。

※3波の内部波動の2波と4波のW波は、エリオット波動のルールを外れていますが、小さな段階でよく起こる行き過ぎであると判断しています。


チャネルを用いた波の数え方はこちらを参照


この1波動目は延長波が含まれており、青い番号が内部波動の推進波です。しっかりとチャート上に内部波動の推進波が現れているのがお分かりいただけると思います。

注意して見てもらいたいのですが、このエクステンションしている第1波動目の内部波動の3波動目が、さらにエクステンション(黒番号)して大きく上昇しています。

このように、稀にエクステンションの内部波動がエクステンションして、1波動目の2.618倍や4倍の大きな推進波になることがあります。





3波延長型衝撃波

クリックすると大きくなります
上のチャートはドル円為替相場、2016年5月24日からスタートした3波延長型衝撃波です。

為替相場で最も多くエクステンションするのはこの第3波動目で、上のチャートはチャネルラインに沿った理想的な衝撃波を構成しています。

3波動目が、1波動目の1.618倍を超えて大きく上昇し、1.3.5波の中で一番大きな上昇となっています。 その後、拡大フラットの4波が続き、最後の5波動目が2-4チャネルにタッチして終了。

この3波動目はエクステンションしており、5波動目延長型の延長波を内包しているのがお分かりいただけると思います。





5波動目延長型衝撃波

クリックすると大きくなります
上のチャートはドル円為替相場、2011年10月からスタートした5波動目延長型衝撃波です。

為替相場においては、この5波動目もよくエクステンションしてきます。 4波動目とトライアングル修了後に5波動目が始まり、1.3.5波の中でこの最後の5波が一番大きく上昇しています。

この5波動目は、3波動目延長型の推進波でエクステンションしており、さらに内部波動の5波動目がエクステンションしています。










エリオット波動の衝撃波を看破する3つの手法





よくFX専門書において「負け組の多くは利益確定が早すぎるのが原因!」と指摘されています。 

たしかにその通りだと思いますが、どこまで上昇するか分からないのにポジションをホールドし続けることはできないですし、逆にホールドし続けた為に収益が半分になることもあります。


しかし、推進波の中の現在地が分かれば、適切な利益確定ポイントが見通せるようになります。




衝撃波をカウントしてみる

クリックすると大きくなります
エリオット波動の衝撃波の現在地を確認するには、大きな波動を数えてみることをお勧めします。

衝撃波は5波動構成で、その中の1つがエクステンションするので、合計9波動で衝撃波は終点を迎えることになります。

もし、エクステンションした推進波の内部波動がさらにエクステンションして、大きな波形になる場合には、合計13波動になることもあります。

このように、大きな波動を数えてみるのは簡単で有効な手法の1つです。





1.3.5波動にそれぞれチャネルラインを引いてみる


エリオット波動の推進波は、通常チャネルラインに沿って上昇していきます。

衝撃波の1.3.5のそれぞれの推進波にチャネルラインを引くことにより、推進波の区切りができ、現在が何波動目なのかが予測できるようになります。





修正4波動目を意識しながらカウントしてみる


通常、エリオット波動の推進波4波動目の修正波は時間を要します。ほとんどの推進波は1-3チャネルにタッチするまでは5波動目は始まりません。

フラット修正、トライアングル、横這いの複合修正波などが現れれば、そのポイントは4波動目の可能性が高くなり、正確なカウントの担保になります。



以上の3つがお勧めですが、その他にも、推進波全体のフィボナッチ黄金比率や、1波と3波のフィボナッチ比率などを使うとさらに精度は上がっていきす。



エリオット波動のエクステンションまとめ


ひとつ下の段階の細分化された波を形成する延長波を理解することにより、波動の正確なカウントできるようになります。 

また、衝撃波内での現在地を知ることは、適切な利益確定に繋がっていくのです。




Powered by Blogger.