ついに足並みが揃ったか?





今日の為替予想  ユーロ円、反転してくるか!




昨日のドル円為替相場は、直近高値をブレイクしたものの、跳ね返され展開となりました。


ことごとくドル円のキーポイントで、ユーロ円とドル円の両方に同時売りを浴びせてくる投機筋の動きがありました。

しかし、ユーロ円も本日の下降でダブルジグザグが終了した可能性があり、ここからは反転してくる可能性があります。

そうなれば、ドル円とユーロ円の足並みが揃い、昨日のような上値の重たさは無くなるかもしれません。


ユーロ円為替相場の状況を確認してみたいと思います。










ユーロ円為替相場のダブルジグザグ

クリックすると大きくなります

上のチャートはユーロ円為替相場1時間足です。

細かいカウントは記載していませんが、本日の下降がジグザグの終点の可能性があります。

また、この下降によりフィボナッチ比率79(緑丸)を達成しており、ここから反転してくるか注目です。

ポイントしては、ドル円とユーロ円の両方に、同時売りがあるかないかを観察しておくと、これからの展開が予想し易くなると思われます。

もし、こういった投機筋の動きがなければ、ドル円とユーロ円の足並みが揃い、3波動目の大きな上昇に進展してくる可能性があります。


現在、この記事を書いている途中にチャートを確認すると、反転後には同時売りはなくなったように思われます。

この反転後の上昇が推進5波動になれば(小さい段階)、その後の上昇が期待できます。

5波動後の修正波の終点付近では、ロングの参入がおもしろいのではないでしょうか。




本日の欧州時間からは、このユーロ円の動きにも注意しておきたいところです。



本日のテクニカルポイント

クリックすると大きくなります
ユーロ円為替相場の4時間足で、ダイバージェンスが発生しています。

また、1波動目のフィボナッチ比率79のリトレイスを達成しています。

追記  17:30
ドル円リトレイスが小さい(38.2)のは気になりますが、
101.339で更にまたまた追加でロング参入してみました。
ただ、フラット修正(3-3-5)で下がってきた場合、同値で決済します。

追記 18:15
ジグザグ修正で深い修正の可能性も出てきました。






Powered by Blogger.