ドル円の調整波動は最終局面か! 【今日の為替予想】



先週末、広島は大雪に見舞われました。 スタッドレスタイヤに履き替えていない車が、至るところで動けなくなっている状態でした。 スタッドレスタイヤに履き替えておいて正解でした。 みなさんも事故など起こさないように気を付けてください。


先週は、各通貨の波動にバラつきが出でいたため、クロス円の波動展開は神経質な動きとなっていました。 しかし、注目されていたドル円為替相場の調整が最終局面に入った可能性があり、この付近からドル円、クロス円が一斉に反転してきそうな雰囲気があります。









ドル円3-4調整は終了?もう1波残っている?



まずは、大きな段階のチャートを確認してみます。


マンスリーフィボナッチPivotサポート2に到達

上のチャートはドル円日足チャートです。 現在のドル円為替相場は、3波動目の内部波動の修正4波動目を展開していると予想しています。 ここからは、内部波動の5波動目を狙いたいところです。


反転ポイントは緑枠内の可能性が高いと考えていました。 現在は、その最終局面ではないでしょうか。

本日の下降で、1-3チャネルラインを越えてからマンスリーフィボナッチPivotサポート2に到達してきています。 通常、5波動目は1-3チャネルラインを行き過ぎてから始まることが多く、ここから反転して5波動目が始まってもおかしくはありません。しかし、4波動目のリトレイスは、3波動目の0.382が一番理想的なポイントです。 

つまり、現在のドル円は、すでに5波動目の衝撃波に入っている、又はもう1波残っているという2つの可能性があるわけです。

この判断は、ひとつ下の段階で推進波が発生しているかどうかで確認できる場合があります。



もう1波残っている可能性もあり

上のチャートはドル円1時間足チャートです。 ドル円為替相場の3-4修正波は、ダブルジグザグではないのかと予想しています。

ひとつ下の段階の波形を確認してみると、なんとも微妙ですが、もう1波残っている可能性もありそうです。最後の下降衝撃波の4波動目を展開しているのかもしれません。 

しかし、本日のフィボナッチPivotサポート2からの反転波形が、推進波を形成してくるのであれば、5波動目がすでに始まっている可能性が高くなります。ここからの焦点は、綺麗な衝撃波を展開してくることができるかどうかがポイントになりそうです。

3波動止まりであるならば、最後の1波でフィボナッチ比率0.382のリトレイスポイントを目指して下降していくのではないでしょうか。

もし、この0.382のリトレイスポイントまで下降してくれば、5波動目を狙って追加のロングを入れてみたいと考えています。 ただ、このロングは、すでに抱えているロングポジションとは違い、3-5波動目が終了した時点で決済する予定です。


どちらの展開になるにせよ、ドル円の反転が始まれば、クロス円、ユーロドルなどが一斉に反転してくるのではないでしょうか。 以上、本日の為替予想でした。




Powered by Blogger.