トレンド転換の可能性が出てきたユーロドル


トライアングルチャネルから再び下降していたユーロドル。しかし、今週勢いよくこのチャネルを越えてきました。ユーロドルのトレンド転換が現実味を帯びてきました。







トライアングルチャネルからの下降を5-1波動目と予想していましたが、この波動が衝撃波の最後の5波動目であった可能性が出てきました。 カウントの修正をしないといけないかもしれません。

また、このユーロドルと逆相関にあるドル円は、予想を大きく上回る下降を展開してきています。当初は、ドル円は上、ユーロドルは下を目指していく展開ではと予想していました。しかし、このままユーロドルがさらに上を目指す展開になるようであれば、ドル円の上値はかなり重くなりそうです。

今回の週間為替予想は、この注目のユーロドルとドル円の現状を確認してみたいと思います。




週明けどちらに抜けていくか

衝撃波、それともジグザグ

上はドル円4時間足にマルチタイム日足一目均衡表を表示させたチャートです。 

ドル円の直近の上昇はユーロ円やポンド円と同じく上昇衝撃波で、現在はこの衝撃波に対する修正波を展開しているのではないかと予想しています。

この衝撃波が完成してからの3番目の波動が予想を大きく上回る下降を展開してきています。ユーロドルの上昇がこの急落の要因だと思われますが、それにしてもここまで大きく下降してくるとは想定していませんでした。

修正a波内部波動の3波動目1波動目の2.618倍までの大きさで、日足一目均衡表雲のサポートで今週末を終えています。

通常、3波動目が2.618倍まで大きくなれば、そのほとんどは衝撃波と考えることができますが、稀に修正波のc波a波の2.618倍まで大きくなることがあります。

前の上昇衝撃波に対するa波リトレイスであるならば、その大きさから考えてジグザグのabcで終了したとも考えられます。

週明けに上に抜けていけばa波はジグザグで終了、下に抜けていけば衝撃波の5波動目を展開となりそうです(ユーロドルが上ならば、エクステンションしてさらに大きな下降になる可能性もある)。

この展開がジグザグであるならば問題ないのですが、もし下降衝撃波に発展した場合には、新たな下降の1波目である可能性が出てくるので注意が必要になます(前の波動が上昇衝撃波であるならばその可能性は低い)。

ただ、この波動がジグザグのa波であったとしても、次のb波に続くc波で窓埋めしてくるかもしれません。




横這いの複合修正波?


上はドル円1時間足チャートです。次に時間軸を落としてa波内部波動を確認してみたいと思います。

3波動目の衝撃波は、副次波の3-Ⅴがエクステンションしてきているのかもしれません。結局、この3波動目が2-4チャネルの1波ラインタッチで、2.618倍を越えて終了しています。

その後の展開は、1-3チャネルを越えて3波動目の0.382リトレイスラインで反転してきています。まだ、この波動が下降衝撃波、又はジグザグのc波が大きくなったものの両方の可能性があると思います。

ただ、この時間軸を確認すると、3波動目後からの反転が5波動目がエクステンションした衝撃波の1波で1-3チャネルを越えているように見え()、また直近は1-3チャネルと1時間足一目均衡表雲をサポートにして、横這いの複合調整波を展開している可能性もありそうです(Yの終盤?)。

週明けの展開を確認しないとなんともいえない状況です。



現状では多くの修正パターンの可能性があり、トレードには向かない状況のようです。ユーロドルやクロス円などの状況を確認しながら修正パターンをもう少し絞り込んでいきたいところです。






このラインを越えればトレンド転換?

上はユーロドル日足チャートです。

トライアングルからの1波延長型衝撃波を5-1波動目と予想していましたが、この波動が5波動目そのものである可能性がでてきました。

上は既にトレンド転換しているとした場合の予想カウントを入れています。今週、トライアングルチャネルを越え、しかも0-2チャネルも勢いよく越えてきました。3波動目が1波動目の1.272倍までの大きさに到達して今週末を終えています。

現状では1.272倍であるのでまだ修正波の許容範囲です。 しかし、E波終点(5波動目始点)ラインを越えてくれば(併せて1.618倍も)、トレンド転換している可能性がかなり高いと言えそうです。

もし、トレンド転換しているのであれば、現在進行しているのは通常エリオット波動で最も勢いのある3-3波動目で、週明けにさらに勢いよく上昇していく可能性があります。

しかし、逆に週明けに1の終点(紫点線ライン)を下回ってくるのであれば、3-3波動目が否定されることになり、その下回った地点から一気に下降していくことも考えられます。

週明けはこのどちらを抜けていくのかが焦点になりそうです。また、このポイントはドル円やユーロ円の今後の展開に大きく影響してきそうです。

以上、週間為替予想でした。来週も楽しく為替予想してください。





Powered by Blogger.