ドル円為替予想 窓埋め完了!


ドル円は、昨日の下降で窓を埋めてきました。4/17からの上昇が衝撃波であるならば、その押し目は買場。窓埋めてきたこのタイミングは絶好の買場になるのでしょうか。






昨日は、窓の下に位置していたウィークリーF.Pivotにサポートされ、ここからの反転の期待が高まります。 しかし、節目を迎えているユーロドルやポンドドル、またユーロ円やポンド円のこれからの展開が大きく影響してきそうです。

本日の為替予想は、簡単にドル円とポンドドルの週明け後の展開を振り返ってみたいと思います。




直近高値を越えて衝撃波を展開できるか

ドル円4時間足です。 今週ここまでを振り返ると、日足一目均衡表雲を下回って勢いよく下落してきた展開です。ただ、調整局面で日足一目均衡表雲を出たり入ったりといった展開なので、そこまで重要視する必要はないと考えています。昨日で窓埋めが終わり、ここから反転してくるのかといった状況です。

4/17から始まった上昇衝撃波の始点ラインをバックに出来るだけ引き付けてから追加のロングポジションを建てる計画でいるのですが、窓埋めしたこの付近は面白そうです。

調整波は自信はないもののダブルジグザグではないかと考えているのですが、昨日の下降で2回目のジグザグが終わったかもしれません。


このポイントでエントリー予定

ドル円30分足です。ユーロドルとポンドドルの状況を見極めてからのエントリーではないので、枚数を落とした打診買いを予定しています。

もう1波残っていてもう一段下へ下降していく可能性もありそうなので、今回は直近高値をブレイクした場合に限定してエントリーしてみたいと思います。ユーロドルやポンドドルと波動のタイミングが重なり、高値とチャネルを明確に勢いよくブレイクしたポイントを予定しています(現在3-2が拡大フラットを展開?)。

参入後に1.618倍ラインを越えてこれない場合は、内部波動やチャネルを使いながら一旦利確予定ですが、ジグザグではなく衝撃波であると判断した場合には、その押し目(修正2波)で再度エントリーを予定しています。

ポンドドルやユーロドルが下降していく展開になれば、この付近のロングポジションは期待大です。昨日はユーロドルがまだトレンド転換していないことを期待して、5-2波動目終点付近(予想)でショートポジションを新しく建てたのですが(5波始点ラインに逆指値)、ポンドドルの展開も気にかかります。



最後の1波残っているか?それとも・・

ポンドドル1時間足です。 ポンドドルは最後の1波が残っているか、又はすでに下降トレンドに回帰している、どちらの可能性もありそうです。

ただどちらかといえば、上のカウントのように修正2波動目がb波トライアングルのジグザグで(予想)ここから大きく下降していくという目線ですが、5-3-5という展開なので見込み波を展開している可能性もあります。

ここからは、直近高値を越えれば5波動目が残っている、反対に1-3チャネルとE終点を下回れば下降トレンドに回帰と想定してトレードしていきたいと考えています。

追記 6/9  5:30 5波目がEDTになっているのかもしれません。

以上、本日の為替予想でした。




Powered by Blogger.