【FX週間予想】ユーロドルの動きがトリガーになる?

トレンド転換ライン手前で5波延長型衝撃波が完成したユーロドル。その後、横這いの調整局面を展開しているようにも、また大きく下降していく前段階のようにも見えます。






このユーロドルの動きがはっきりしないので、他通貨は動くに動けないといった状況のようです。 ポンドドル、ユーロ円、そしてドル円が、トレンド方向に大きく動き出すのは、ユーロドルの動きが引き金になるのではないでしょうか。

相関的には、ポンドドル、ユーロドルが下、そしてドル円、クロス円が上という展開が一番すっきりすると考えているのですが・・・。





どちらにしても上を目指すユーロ円?

ユーロ円週足チャート
上はユーロ円週足チャートです。ユーロ円は、1波延長型衝撃波に対する調整局面が終了した可能性が濃厚になっています。 

その証として、0-2チャネルタッチから、直近の反転上昇衝撃波(おそらく3波動目副次波の1)で、週足一目均衡表雲を上抜けてきています。

エリオット波動には、1波と4波は重複しないというルールがあります。赤点線ラインを上抜けてくることができれば、C波に移行していることが決定的になりそうです(元々調整局面なので、衝撃波が現れるポイントではありませんが・・)。

そして、たとえユーロドルが下へ下降したとしても、ドル円と共に上を目指すことになると思われます。また、仮にユーロドルがトレンド転換していた場合には、かなり大きな上昇トレンドになることも考えられます(その場合、C波ではなく3波の可能性もある?)。

今一番熱いのは、ひょっとするとこのユーロ円なのかもしれません。



衝撃波、それともジグザグ

ユーロ円1時間足チャート
ユーロ円1時間足チャートです。 直近では、衝撃波(1波延長型?)が発生しており、この始点ラインをバックに出来るだけ引き付けてロングポジションを建てたいと考えています。

衝撃波後の展開は拡大フラット。 ここで調整局面が終了、また、ここまでが修正a波の可能性もありそうです。

この週末は、トライアングルからの抜け出しで終了しています。 このトライアングルは、ジグザグのb波と修正2波のどちらの可能性もあります。

ジグザグであればc波の下降衝撃波でもう一度押し目を付け、また修正2波であればこのまま上に抜けていくイメージを考えています。




週明けは0-2チャネルの攻防か


ポンドドル4時間足チャート
ポンドドル4時間足です。 ユーロドルの反転の動きに合わせるようにポンドドルも反転してきています。 ポンドドルだけで、横這いの短い調整からそのまま下に大きく抜けていくのは難しかったようです。

この週末には、0-2チャネル(0.618のリトレイス)まで押し目を付けています。 この付近で調整が終了するのが理想的ですが、拡大フラットのc波衝撃波だったということあるかもしれません。

週明けは、この0-2チャネルをどちらに抜けていくのか注目です。黒点線の上昇が、0-2チャネルを越えることなくジグザグの3波で終了した場合、そこから下降衝撃波で大きく下降してくるといった展開もありそうです。

ただ、直近安値の下には日足一目均衡表雲下限が控えています。 ここを下抜けてくれば、下降に勢いがついていくのではないでしょうか。







ユーロドル、ジグザグなら下、衝撃波なら上?

ユーロドル4時間足チャート
ユーロドル4時間足です。 5波延長型衝撃波が終了後、横這いの展開を見せているユーロドル。 直近の下降で下抜け出来なかったことにより、また不透明になってきました。

この週末にかけての展開は、ユーロ円と相関関係の動きとなっています。 ユーロ円と共に上に大きく跳ねていくといった展開もあるのでしょうか?

もし、横這いの複合調整波を展開しているのであれば、Yが終了して上昇衝撃波が現れてきてもおかしくないポイントです。

週明けは、黒点線丸の波動がジグザグの3波で終わるのか、それとも衝撃波になるのかに注目です。 衝撃波に発展するのであれば上、ジグザグの3波で終わるのであれば下というイメージです。



雲抜けから横這いのドル円

ドル円4時間足チャート
上はドル円4時間足チャートに週足一目均衡表を表示したものです。ドル円は、3波延長型衝撃波に対する調整局面が終了したことが濃厚のようです。

その証として、窓埋めからの反転衝撃波で0-2チャネルと週足一目均衡表雲を上抜けてきました。今週は、この上昇衝撃波に対する調整局面でしたが、横這いの浅いリトレイスのようです。

週明けのユーロドルの展開が気になるところですが、このまま上抜けしていきそうな雰囲気があります。


どちらかのトライアングル?

ドル円1時間足チャート
ドル円1時間足チャートです。 

ユーロ円とユーロドルが上昇しているため、ドル円は横這いの調整となっています。「意外と強いなぁ」というのが正直な感想です。ユーロドルの上昇で下降してきても、下ではしっかりと買いが入っているという状況です。

この横這いの展開は、収束型対称トライアングルのように見えます。 ただ、複合調整WXYの最後のYがトライアングルになっている、または全体でトライアングルになっているのどちらの展開か判断ができていません(トライアングルでない可能性もある?)。

週明けにこのチャネルを上抜けて衝撃波を展開してくれば、その押し目で追加のロングを入れてみたいと思います。 その時に、ユーロドルの上昇がジグザグで終了していれば期待大です。

以上、FX週間予想でした。

にほんブログ村 為替ブログへ



Powered by Blogger.