【ドル円FX週間予想】ユーロドルの衝撃波完成まで上値重いか!

明日は、投資仲間(ほとんど同級生)と四国でミーティング(うどんツアー)があるため、少し早めに為替予想を更新します。






ユーロドル、ドル円が共に上への展開中であるため、ユーロ円などのクロス円が大きく上昇した1週間となりました。

ユーロ円は3-3波ではないでしょうか。このまま1波動目の1.618倍や2.618倍目等を目標に、上昇していきそうですね(押し目を付けながら)。

一方、ドル円はユーロドルも上昇しているため、かなり上値が重くなっています。やはり、最も取引高の多いユーロドルの影響は大きいようです(ちなみに2番目はドル円ですよ)。

近年は、AIやEAの普及で関連通貨の連携が大きくなる傾向にあります。どの通貨ペアをトレードするにしても、ユーロドルのチャートを見ながら、その方向に逆らわないトレードが必要になってきているようです。

ドル円が本格的に上昇するのは、ユーロドルの衝撃波が完成した後になるのかもしれません。






フラットC波の可能性もある?

ユーロドル月足チャートです。 

ユーロドルは5波始点ラインを上抜いてきました。これでトレンドが変わった可能性が高くなったと考えていたのですが、エリオット波動で有名な宮田さん(三菱UFJ)のレポートを拝見すると、フラットのC波を展開しているのではと予想されていました。

たしかに、トライアングル修正ではなく、フラット修正のC波衝撃波を展開している可能性もありそうです(とても勉強になります)。

トレンド転換しているのか(1波動目)、又はフラットなのか(C波)は、現在進行している衝撃波が完成した後の次が、調整波(修正2波)なのか、又は下降衝撃波なのかで判断できます。 その判断が出来るまでは、両方の目線で波動を追っていきたいと考えています。

ただ、どちらにしても現在の上昇波動が衝撃波であることは間違いないと思われます。


衝撃波3-5波動目?

ユーロドル日足チャートです。 既に1波動目の1.618倍を越えてきていることから、衝撃波であることは間違いないようです(ちなみにフラットC波の終点は、A波の終点を越えて終了するのが一般的です)。

修正2波動目の終点を迷っていたのですが、現在は上のようなカウントで考えています。3波動目の副次波5波動目ではないでしょうか。2-4チャネルの1波ライン、又は3波ラインタッチが3波動目の終点かもしれません。

ただ、修正4波動目の後には、5波動目の衝撃波が控えていそうです。ユーロドルの衝撃波の完成は、まだ先になる可能性が高いと予想しています。




ポンドドルも上昇衝撃波展開中

ポンドドル週足チャートです。 ユーロドルの上昇が衝撃波に発展した場合、ポンドドルはどうなるか注目していましたが、やはりユーロドルの展開には逆らえないようです。

新たな下降1波動目と予想していた衝撃波始点を上抜いて、逆に上昇衝撃波を展開して、1-3チャネルを上抜いてきました。

ただ、ユーロドルとは違い、ポンドドルがここからトレンド転換していく可能性は低いと予想しています。 大きな段階の波動から見ても、ジグザグの3波でトレンドが変わっていくようなポイントではないように思われます。

現在は、ユーロドル、ポンド円共に上昇衝撃波を展開してきているため、一旦1-3チャネルを越えてしまいましたが、いずれ1-3チャネル内に戻ってくると予想しています(3安値からの0.382ではなく、3終点からの0.382が4リトレイスの目標?)。


もう一度0-2チャネルを越えてくるか?

ポンドドル日足チャートです。 1波動目であると予想していた波動の始点を上抜いてきました。 そして、1波の1.272倍、0-2チャネルの上ラインで週末を終えています。

こうなると、4波動目で行き過ぎが発生していますが、C波衝撃波の5波動目を展開していると考えるべきなのでしょうか。

直近の上昇波形から、どちらにしてももう一度0-2チャネルは越えてくる雰囲気です(まだ5-3波動目?)。

ポジションはスクエアになってしまいましたが、この衝撃波完成後には再びショートポジションを建てる予定です(ユーロドルの状況を見ながらタイミングよく)。






ドル円しばらく上値重い展開が続く?

ドル円月足チャートです。 

クロス円は大きく上げているものの、ドル円の上値はかなり重くなっています。昨年末のドル円とクロス円の上昇時の展開と全く逆の展開になっています(今回はユーロドルが上の展開のため)。

クロス円が上昇していると言えども、ユーロドルが上昇衝撃波を展開してきていることから、この衝撃波が完成するまではドル円の上値は重くなるかもしれません。

■月足一目均衡表雲でサポート
■0-2ラインでサポート
■可能性は低いがジグザグのb波がトライアングルなどを展開している

現在は、このような展開を考えています。ユーロドルの展開が大きく影響してきそうです。


月足一目均衡表雲でサポートなら

日足チャートです。 ドル円は紫点線枠の衝撃波が3-1波動目の可能性があります。

ユーロ円などとは違い、上値が重く上げるのにかなり苦労しているようです。 しかし、勢いは弱くても着実に上昇しています。

ただ、エリオット波動で最も勢いのある3-3波動目という勢いではないようです。 



修正4波動目がR.トライアングル?

4時間足チャートにウィークリーF.Pivotを表示させたものです。

複合修正波Yがトライアングルになっているのかと考えていた展開の最後のEが予想以上に大きく下降してきました。

ひょっとすると、衝撃波修正4波動目がランニングトライアングルになているのかもしれません。そう考えると、今週の上昇は5波動目の衝撃波であることになり、ここで衝撃波全体が完成したことになります(エクステンションしなければ)。

5-横這い修正-5、修正4波動目がR.トライアングルのどちらか判断できていませんが、週明けに黒点線を下回ってくるようてあれば、後者である可能性が高くなってくるのではないでしょうか。


衝撃波は一旦完成した?

1時間足チャートです。 ユーロ円、ユーロドル共に上昇している展開のため、ドル円の波動は複雑な展開になっています。

行き過ぎが2か所発生していますが、先程のどちらかの衝撃波は2-4チャネルの1波ラインタッチで一旦完成したのではないでしょうか。

週末には、2-4チャネルを割ってきており、ここから調整局面に入ってきそうです。ただ、ユーロドルやユーロ円の展開によっては、エクステンションしてくる可能性もありそうです。

以上、週間為替予想でした。
追記 本業が忙しくなり、平日の為替予想を作成する時間が少なくなってきています。出来るだけ更新したいと思いますが、今後は不定期になるかもしれません。週間予想はしっかり更新しますよ~。




Powered by Blogger.