【ドル円見通し】ユーロドルの修正4波反転と同時に上昇

今週は、ドル円が上昇衝撃波を展開してきました。 この衝撃波はジグザグのa波なのか、それとも衝撃波の1波動目になるのか、今後の展開に注目です。







今週の為替相場は、節目を迎えたであろうと思われる通貨ペアが幾つかあります。そのひとつがユーロドルです。

ユーロドルは、3波延長型衝撃波の3波動目が終点を迎えた可能性がありそうです。今後、このユーロドルの修正4波動目が、各通貨ペアの展開にどのように影響してくるのか慎重に見極めたいところです(ユーロドルとユーロ円が逆相関になるかどうかなど)。

ただ、ユーロドルは、修正4波動目の後には、5波動目の上昇が予想されます。ここまでの展開もイメージしておきたいと思っています。

ドル円も、このユーロドルの展開が大きく影響してくると思われますが、ここからはユーロ円やポンド円の展開も注視しておく必要がありそうです。 特にポンド円は、下降衝撃波を展開している可能性が出てきているので特に注意しておきたいところです。





ユーロドル、修正4波動目スタートか!

ユーロドル日足チャートにマンスリーF.Pivotを表示させたものです。

今回のユーロドル3波動目終点の目標ポイントは、ひとつに重ならず、それぞれが微妙にずれていました(目標ポイントはこちら)。

結局、内部波動5の2-4チャネル1波ライン、また0.382区分(4波の最安値)をヒゲの部分行き過ぎて終了したようです。しかし、3波動目の0.618区分(4波の最安値)には僅かに届かず、目標ポイントには到達できませんでした。

※内部波動3の予想カウントはこちらの最後に掲載しています。参考にしてみてください。

そう考えると、微妙に目標ポイントがずれた場合には、内部波動の展開を重視するべきということのようです。


3波動目が終点を迎えたと思われるため、今回のチャートには1-3チャネルをあらたに追加しています。

少なくとも、この1-3チャネルにタッチするまでは、修正4波動目は終点を迎えないと思われます。 もし、このチャネルにタッチすることなく、直近高値を上抜いてきた場合には、拡大フラットや、ランニングトライアングルの修正パターンになると思われます。

修正4波動目の目標ポイントとして意識されるのは、この1-3チャネル、そして、3波動目(又は1~3波動目)の0.382リトレイスポイントです(黒点線)。

この0.382リトレイスポイントは、マンスリーマンスリーF.Pivotサポート3と重なっており、このポイントを大きく下回ってくることはないと予想しています。もし、このポイントまで落ちてくるようであればロングでエントリーしてみたいと考えています。

修正パターンは、オルタネーションの法則から横這いの時間を掛けた展開になる可能性もありそうです(修正2波動目が急こう配?)。


修正4波動目の第1波は衝撃波

ユーロドル1時間足チャートです。 

結局、最後の5波動目は、複合修正波Zの上昇型トライアングルからの1波延長型衝撃波を展開してきました(横這いの複合修正波の最後はトライアングルになることが多い)。

この1波延長型衝撃波の0.618区分と2-4チャネル3波ラインが終点になるのかと予想していましたが、関連通貨の影響で1波ラインまで大きくなっています(このため3波が一番小さくなるルール破れが発生)。

修正4波動目の1発目は下降衝撃波。 この衝撃波は、ジグザグのa波、そして下降衝撃波の1波動目のどちらかではないかと予想しています(左上のイメージ)。

衝撃波完成後の展開は、米国雇用統計の影響から激しい動きになっていますが、ジグザグ(c波はa波の1.00倍)の展開のようです。そして、ジグザグの理想的c波スタートポイントの0.618リトレイスポイントから反転してきています。

このabcまでがa波の可能性もありますが、いずれ2-4チャネルを下に抜けていくのではとイメージしています(一旦2-4チャネルで反発するかもしれません)。

週明けは、この下降がジグザグの3波で終わるのか、それとも衝撃波になるのか見極めたいところです。




ポンドドルは複合修正波?

ポンドドル4時間足です。 

このポンドドルの修正波を見ると、あらためて修正波のカウントは難しいと感じてしまいます。

下降衝撃波を展開していた時には、あれだけ分かり易い展開であったのに、修正波に移ったとたんに複雑な展開を見せています。

ジグザグを展開しているようにも見えますが、複合修正波ではないでしょうか。まだ修正波完成までは時間が掛かるのではと予想していますが、ユーロドルとポンド円の展開によっては、このまま下降していく展開もあるのでしょうか?

ただ、ユーロドルは5波動目の上昇が残っていると予想しているので、この辺りがどのように影響してくるのか、またポンド円の下降が修正波なのか、又は衝撃波なのか、この辺りも大きく影響してきそうです。

※ポンド円の展開はこちらをご覧ください。


 


衝撃波完成のユーロ円、この押し目が熱い?

ユーロ円4時間足です。

ユーロ円の直近の上昇が衝撃波で終了したようです(これでランニングトライアングルの可能性は無くなった)。この衝撃波はあらたな上昇の1波目の可能性があり、この押し目でロングを狙っていきたいと考えています。

修正波動は、フラット→ジグザグと続いているようです。 ユーロドルの展開を考えると、週明けの欧州時間から一旦ユーロドルと共にc波下降衝撃波を展開してくることも考えられます(修正波全体では時間を掛けた横這いの修正波になる可能性もありそうです)。

もし、ユーロ円が下降衝撃波を展開してくるのであれば、たとえユーロドルが下の展開であるとしても、ドル円の上値は重くなりそうですが・・。








ドル円、上昇衝撃波を展開

ドル円30分足チャートです。

ドル円は、今週上昇衝撃波を展開してきているようです。 ユーロ円の衝撃波がワンテンポ早く終了したため、最後の5波動目は上がるのにかなり苦労しているようです。

結局、ユーロドルの修正4波動目がスタートすると同時に上昇が始まり、ユーロドルの衝撃波が完成すると同時に下降していくドル円らしい展開でした。

この衝撃波は、ジグザグのa波、そして衝撃波の1波動目の両方の展開が考えられますが、どちらにしてもいずれ直近高値を上抜いてくるのではないでしょうか。

修正波形は、雇用統計発表直後の下降でジグザグが完成しているように見えます。ここで修正波が終了、又はここまでが修正a波の両方の可能性がありそうです。

ユーロ円の衝撃波が完成していることから、一旦上値が重くなることも考えられます。 週明けは、ユーロドルと共に、クロス円の動向に注目しておきたいと思います。

ドル円は、いずれ125円は越えてくるだろうと予想しています。ただ、ドル円の本格的な上昇は、ユーロドルの5波動目が終わるまでは難しいのではと考えています。

以上、週間為替予想でした。







Powered by Blogger.