FX週間予想 週明けはどうなる?



リトレイス幅は小さいものでしたが、ある程度時間を掛けた調整がやっと現れたドル円為替相場。 内部波動の4波動目の調整であったと思われます。



週末の上昇は、それに続く内部波動の5波動目。 この後には少し大きめの調整波を展開してくる可能性もあります。 今回の週間為替予想は、その辺りを紐解いてみたいと思います。



最近、「エリオット波動はどの足でカウントすればいいのですか?」というコメントをいただきました。 

エリオット波動はフラクタル構造となっているので、どの足でも機能します。 トレードスタイルによって、カウントする足を決めるのがいいと思います。

ただ、エリオット波動は小さな段階になればなるほど、行き過ぎが起こり易く、また調整波の波形も判断し難くなります。 ですので、たとえ小さな段階の足でカウントするにしても、大きな段階のカウントで流れは確認しておく必要があります。 

日足のカウントで大きな流れを確認した後に、そのひとつ下の1時間足で内部波動を確認するのがおすすめです。 







FX週間予想 節目を迎えたドル円週明けの展望


まずは、大きな段階の日足チャートで現在地を確認して、大きな流れを見てみましょう。



2.618倍で終了?それとも3.00倍を目指す?

クリックすると大きくなります
現在のドル円上昇展開は、衝撃波であることがほぼ確定しています。 つまり、3終了→4→5(3波終了)→4波→5波と続いて行くことが予想されます。現在地は、3波動目の内部波動の3波の終点付近ではないかと予想しています。

直近の上昇で、ちょうど1の2.618倍ラインに到達して今週を終えています(赤丸のポイントが1の終点と考えた場合)。

エリオット波動の衝撃波には、不確定要素がいくつかあります。 そのうちのひとつは、3波動目延長型衝撃波の3波動目は、どこまで大きくなるか分からないということです。特に衝撃波の内部波動の3波は、1波の2.618倍、3.00倍、4.00倍まで大きくなることがあります。

週明けのドル円は、2.618倍で内部波動の3波が終了し、4波で少し大きめの調整を迎えるのか、それとも3.00倍のもう一段上を目指すのかという局面になりそうです。

どちらの展開になるかは、ひとつ下の段階の波形を確認すると分かる場合があります。



1波の1.00倍ならもう一段上?

クリックすると大きくなります
上が現在の内部波動予想カウントです。 この内部波動の衝撃波は、2波動目があまりにも小さいためにチャネルラインがあまり機能しないようです。 一応、この週末で2-4チャネルの1波ラインを抜けて、2.618倍ラインにタッチしてきています。

通常の3波動目延長型衝撃波の場合、5波動目の大きさは、1波の1.00倍、又は1.618倍が理想的です。 そうすると、もう一段上を目指してもおかしくないと思われます。

しかし、そこまでの上昇があまりにも早く遠くへ進んだ場合、1.00倍に届かないことや、5波の高値を超えられないフェイリャーなどとなるケースもよくあります。

さらに時間軸を落として、もうひとつ下の段階で、直近の5波動目を確認してみます。



5波動目延長型衝撃波?

クリックすると大きくなります

上のチャートは15分足です。 ここからは小さい段階なので参考程度に見て頂ければと思います。

5波動目の内部波動を確認してみると、5波動目延長型衝撃波のように見えてしまいます。つまり、ここで3波動目の内部波動の3波は終了して、3-4波に移行する可能性があるということです。

ただ、この延長した最後の5波動目の内部波動の5波動目がさらに延長、又は5波動目全体が1波動目となって延長してくる可能性もあるかもしれません(緑ラインを下回るまでは)。


次にユーロドルの週明けを展望してみたいと思います。








5-3波動目がスタートしたユーロドル?


まずは週足で、大きな段階の現在地を確認してみます。


トライアングルからの5波動目

クリックすると大きくなります

トライアングルというより、ランニングトライアングルに近い形から5波動目の下降がスタートしているユーロドル。 

5-2波のリトレイスで、トライアングルチャネル付近までプルバックしてきましたが、わずか2日でそのリトレイスを取り返してきました。

トライアングルのB波安値ラインがサポートしている形にはなっていますが、遅かれ早かれ5-3波で、このラインを大きく下回ってくるものと思われます。 

この最後の衝撃波で、5-3波→5-4波→5-5波と続いて、最終的には0.95000を目標に下降していくと予想しています。

直近の大きな下降は、その5-3波の内部波動の1波動目の可能性があります。




拡大フラットから5-3波がスタートか!

クリックすると大きくなります
上のチャートは4時間足です。 ユーロドルは拡大フラットから5-3波動目がスタートした可能性があります。

ユーロドルはよく行き過ぎが起こりますが、今回の拡大フラットのc波もa波の1.618倍ラインを大きく行き過ぎてから、ヒゲをつけて反転してきています。

この直近の下降衝撃波が、5-3波の内部波動の1波動目ではないでしょうか。 この後の内部波動の2波調整波後に、大きく5-3波で下降していくものと予想しています。

週明けからは、この調整波動パターンとリトレイス幅(大きくリトレイスしてくる可能性もあり)を見極める局面となりそうです。この調整波終点付近は絶好の売り場になるかもしれません。


以上、週間為替予想でした。




Powered by Blogger.