フィボナッチの基礎知識とその手法

エリオット波動を使って相場を分析していると、様々な局面でフィボナッチが現れてきます。どうやらエリオット波動とフィボナッチはとても深い関係であるようです。



R.N.エリオット(1871~1948)は、1938年に出版した「The Wave Principle 波動原理」でエリオット波動を世に知らしめ、そして次に出版した「Nature's Law 自然の法則」で、エリオット波動理論の数学的基盤はフィボナッチであることを説明しています。

つまり、エリオット波動を使って相場を分析する場合には、同じ自然の法則であるフィボナッチの知識は欠かせないというわけです。

そこで今回は、エリオット波動を使って相場の波を数える場合、どのようなところにフィボナッチが現れてくるのか、また実際のトレードでフィボナッチをどのように使いこなすのかなど、その知識と手法について綴ってみたいと思います。

このフィボナッチを使いこなすことができれば、トレードの勝率はきっと上がってくるはずです。



エリオット波動とフィボナッチのアイキャッチ画像




フィボナッチとエリオット波動の関係



エリオット波動の数学的基盤はフィボナッチです。

なので、波の倍率や衝撃波の理想的な区分など、エリオット波動を構成するフォーメーションの至る所にフィボナッチが現れてきます。

調整局面である「押し目、戻り」もそのひとつです。



サイクルに現れるフィボナッチ



「押し目買い」、「戻り売り」というフレーズがよく使われます。

価格が上昇、又は下降している相場で、「もっと上がるだろう(下がるだろう)」と期待してエントリーしたものの、その後予想していた方向とは逆方向に動き、大きく損をしたという苦い経験は誰しもあると思います。

そういうポイントでのエントリーを避け、上昇トレンド、又は下降トレンドの一時的な調整局面を待ってエントリーすることが「押し目買い」と「戻り売り」です。

実は調整局面である「押し・戻り」は、エリオット波動サイクルとフィボナッチに大きく関係しています。


エリオット波動とフィボナッチ比率の関係


エリオット波動では、5つの波でトレンド方向に勢いよく進み(推進波)、3つの波又はその変形(修正波)でその動きを調整します。

この合計8波がひとつのサイクルとなり、そしてこの8波1サイクルを繰り返しながら、波のようにトレンド方向へ進んでいきます。

要するに、トレンド方向に進む動きを一時的に調整する3つの波(又はその変形)である修正波が「押し・戻り」になるわけです。

エリオット波動の推進波フォーメーションで具体的に考えてみます。

力強くトレンドを押し進める5つの波は推進波(Motive Waves)と言われ、その内部波動は、5波動構成(1波動目)-3波動構成(2波動目)-5波動構成(3波動目)-3波動構成(4波動目)-5波動構成(5波動目)です。

メジャートレンドの方向に進むのは1波動目3波動目5波動目で、それ自体推進波で展開されます。その動きを調整するのが2波動目4波動目で、修正波(Corrective Waves)で展開されます。

つまり、推進波のフォーメーションでは、修正波である2波動目4波動目が「押し・戻り」になるわけです。

そして、このポイントで「どこまで押してくるか(戻ってくるか)」というおおよその目安を教えてくれるのがフィボナッチで、この比率分析を「フィボナッチ・リトレイスメント(リトレースメント)」といいます。

この「フィボナッチ・リトレイスメント」をマスターしていれば、トレンドの一時的な「押し・戻り」を待って、タイミングよくエントリーできるようになるのはいうまでもありません。

この他にも、「波の倍率」、「フォーメーション全体の理想的な区分」など、様々な局面でフィボナッチは現れてきます。


エリオット波動とフィボナッチが深い関係にあることは分かりました。では、フィボナッチとはそもそもどういうものなのでしょうか。



フィボナッチとはどんなもの?



自然の法則フィボナッチのイメージ


レオナルド・フィボナッチの「フィボナッチ数列」



フィボナッチとは「フィボナッチ数列」を利用するところに由来します。

「フィボナッチ数列」は、レオナルド・フィボナッチ(1170年頃~1250年頃 イタリアの数学者 本名はレオナルド・ダ・ピサ)にちなんで名づけられた数で、ローマ数字に対するアラビア数字の効率性を説いた彼の著書「算盤の書」に記載されたものです。

それは、1,1,2,3,5,8,13,21,34,55,89,144,233,377,610・・・・ と無限に続いていく数列で、どの項も直前の2つの項の和となります(たとえば、3+5=8、21+34=55)。

※エリオット波動の波の数(1波、2波、その下の段階は5波、3波の合計8波)、また複合的な波動パターンの組み合わせもフィボナッチ数列が反映されている

そして、この数列の任意の2つの数字から導き出されるのが「フィボナッチ比率」です。

主なフィボナッチ比率には以下のようなものがあります。

  • 0.236(たとえば55/233)
  • 0.382(たとえば34/89)
  • 0.618(たとえば8/13)
  • 1.618(たとえば55/34)
  • 2.618(たとえば233/89)

これらのフィボナッチ比率は、エリオット波動の比率分析(フィボナッチ・リトレイスメント等)で使われるもので、この他にも0.500、0.786、1.000、1.236、1.382などが使われます。

そしてこの他にもフィボナッチ数列には不思議な特徴があります。



特に注目されるフィボナッチ黄金比率



それは、後ろの数字で前の数字を割ると0.618に近づいて、逆に前の数字で後ろの数字を割ると1.618に近づいていく特徴です(この他にも、ひとつおきの数字で後ろの数字を前の数字で割ると2.618に近づくという性質もあります)。

この1.618(逆数0.618)は最も安定している比率で「黄金比率」と呼ばれます。そして、この黄金比率は相場の比率分析において特に注目される比率でもあります(たとえば、3波動目の1波動目×1.618ラインは推進波と修正波の分岐点によくなる)。

また、フィボナッチは、海の渦巻き、台風の渦、貝殻の形、銀河系、花びら、ひまわりの種の配列など自然界にも現れています。フィボナッチがエリオット波動理論と同じく「自然の法則」と言われるのはこのためです。

以上、フィボナッチについての基礎知識でした。フィボナッチに関する本は結構あるので、もっと詳しく知りたい方は調べてみて下さい。

少しとっつきにくいと思われるかもしれませんが、相場のテクニカル分析でフィボナッチ比率を使うのであれば、詳しく知らなくても大丈夫です。

大事なのは、エリオット波動サイクルのどの部分で、どんなフィボナッチ比率が現れ易いのかを知っておくことです。



衝撃波に現れるフィボナッチ



衝撃波の種類によって異なるフィボナッチ

3つの衝撃波の展開図

トレンド方向に進む5つの波の推進波はそのほとんどが衝撃波の形で現れてくるので、フィボナッチ分析は衝撃波を中心に行うことになります。

ネット上には、簡単にフィボナッチが計算できるようなツールもあるのですが、あまり機能しません。

なぜなら、衝撃波には3つの種類があり、それぞれに異なるフィボナッチが現れてくるからです。

なので、エリオット波動の衝撃波をフィボナッチで分析する場合、その前提として3つの衝撃波のフォーメーションや特徴などを理解して、それぞれの衝撃波にあったフィボナッチを使う必要があります。

3つの衝撃波についての詳細は、以下の記事をご覧ください


エリオット波動衝撃波のフィボナッチ比率

上の図はチャネルに沿って進んだ理想的な推進波の一例です(上昇トレンド)。

この推進波は3波動目がエクステンションした3波延長型衝撃波で、3つの衝撃波の中で最も多く現れてくるフォーメーションです。

この3波延長型衝撃波衝撃波では、どのようなポイントでどのようなフィボナッチが現れてくるのか見てみましょう。



フィボナッチ・リトレイスメント



冒頭にも触れたフィボナッチ・リトレイスメント(リトレースメント)から見てみます。

まずは修正2波動目。

エリオット波動の修正2波動目は、急こう配の修正パターン(ジグザグなど)で、前の推進波(1波動目)の値幅を大きくリトレイスしてくるという波の特徴があります。

  • 修正2波動目=1波動目のFR50.0
  • 修正2波動目=1波動目のFR61.8(黄金比率)

これらのフィボナッチ付近が強く意識されますが、1波動目の始点付近まで大きくリトレイスしてくることもよくあります。

ただし、修正2波動目が1波動目の始点を実線で越えてくることはありません(衝撃波のルール)。

※衝撃波には簡単な3つのルールがあります。詳しくは「エリオット波動におけるサイクルと必然的なルールとは?」をご覧ください


次に修正4波動目。

修正4波動目は、横這いの修正パターン(トライアングルやフラットなど)になることが多く、トレンド方向に進んだそこまでの値幅を大きくリトレイスしてくることはあまりありません。

  • 修正4波動目=3波動目のFR38.2
  • 修正4波動目=0波動目→3波動目のFR38.2

修正4波動目のリトレイスはこのフィボナッチ辺りでよく反転してきます。

しかし、様々な理由で、1波動目終点付近まで大きくリトレイスしてくるケースもあります。前の衝撃波(3波動目)が5波延長型衝撃波である場合や、関連通貨の影響を受けた場合などはその一例です(このようなケースでは、最後の5波動目はよくエクステンションしてきます)。

また、一般的には、2波動目は急こう配、4波動目は横這いの修正パターンによくなりますが、2波動目が横這いの展開になることもあります。その場合、修正4波動目はオルターネーション(交互の法則)で急こう配の展開によくなります。



「買えば下がり、売れば上がるのなぜ?」と悩まれている方は、このフィボナッチ比率を使って「押し・戻り」を待ってからエントリーしてみてください。きっとローリスク・ハイリターンなトレードができるようになると思います。



推進波における波の倍率



ここまで2波動目と4波動目の「押し・戻り」に現れるフィボナッチを見てきましたが、推進波のトレンド方向に進む1波動目、3波動目、5波動目の倍率(大きさ)にもフィボナッチが現れてきます。

先程のフィボナッチ・リトレイスメントはエントリーのタイミグを計るために使うのに対し、波の倍率は主に利益確定のタイミングを計るために使います。


3波延長型衝撃波の3波動目と5波動目の倍率



3波延長型衝撃波の3波動目(推進波)は、

  • 3波動目=1波動目×1.618、2.618、3.00、4.00、4.236等


また、3波延長型衝撃波の5波動目(推進波)は、

  • 5波動目=1波動目×1.00、1.618(※波の均等性)
  • 5波動目=3波動目×0.618


このフィボナッチの辺りまでよく大きくなります。

※波の均等性  エリオット波動のガイドラインで、エクステンションしない残り2つの波動は、時間と大きさにおいて均等、又はフィボナッチの関係になる傾向があるというも


その他の衝撃波に現れる波動の倍率



その他、1波延長型衝撃波は、

  • 3波動目→5波動目=1波動目×0.618

5波延長型衝撃波の5波動目は、

  • 5波動目=0波動目→3波動目×1.618

このような波の倍率になることもあります。



衝撃波のフィボナッチ黄金区分(黄金分割)


フィボナッチ黄金区分


2波動目・4波動目のリトレイスや、1波動目・3波動目・5波動目の波の倍率だけではなく、衝撃波全体にもフィボナッチが現れてきます。

衝撃波には理想的な形というものがあり、常にその形に近づいていこうする性質があるようです。

その多くは、修正4波動目の高値、安値、そして終点で衝撃波全体がフィボナッチ黄金比率で区分される形によくなります。

※上図は上昇トレンドのケースです


3波延長型衝撃波のフィボナッチ黄金区分

3波延長型衝撃波である場合は、4波動目安値(上昇トレンドのケース)で衝撃波全体が0.618と0.382で区分される形によくなります。

ただし、4波動目の安値だけではなく、4波動目の高値、又はその終点(トライアングルであるならE終点)で全体が区分されることもあります。


5波延長型衝撃波のフィボナッチ黄金区分

5波延長型衝撃波の場合には、逆に4波動目の安値(又は終点や高値)で衝撃波全体が0.382と0.618に区分される形によくなります。



このフィボナッチ黄金区分は、先程の波動の倍率と同じく利益確定のタイミングに使えますが、逆張りで反対方向にポジションを建てる場合にも使えます。

つまり、ドテン売りやドテン買いといった芸当もできるようになってくるわけです。


また、これらを併用しながらタイミングを計ると、衝撃波の終点をピンポイントで予測できるようになってきます。


ここまで衝撃波(推進波)に現れるフィボナッチを見てきましたが、3つの波(又はその変形)の修正波の副次波にもフィボナッチは現れてきます。



修正波に現れるフィボナッチ




修正波における波の倍率

修正波に現れるフィボナッチ比率





フィボナッチはトレンド方向に進む5つの波の推進波だけではなく、その動きを調整する3つの波(又はその変形)の修正波にも現れてきます。

フィボナッチの分析でそのフォーメーションの終点を予測しておくと、次に展開される推進波の波(3波、5波、そしてc波)にタイミングよく乗れるようになってきます。


  • ジグザグでは、c波動=a波動×1.00、×1.618、×0.618によくなります。稀に×2.618などと大きくなる場合もあります。また、c波はa波を0.500や0.618リトレイスした地点からよく始まります。
  • フラットでは、c波動=b波動=a波動×1.00が基本ですが、c波動=a波動×1.618になることもあります(その多くはc波衝撃波の5波動目がエクステンションしてくる)。
  • 拡大フラットでは、c波動=a波動×1.618が基本ですが、×2.00、×2.618などと大きくなることもあります。また、b波=a波×1.236、×1.382の関係にもよくなります。
  • 複合型修正波のダブルジグザグでは、Y波動=W波動×1.00、稀に×1.618まで大きくなることがあります。


あくまでも目安となるものですが、よくこれらのフィボナッチが現れてきます。

※関連記事


また、トライアングル修正波の副次波は、少なくとも2つの交互の波動が0.618の関係になり、また隣同士の波が0.618の関係になることもよくあります。

トライアングルの副次波の特徴については「エリオット波動 トライアングルはE波終点を狙え!」をご覧ください。



フィボナッチ黄金比率で衝撃波を見極める


衝撃波の見極めに使われるフィボナッチ黄金比率


エリオット波動ではフィボナッチ黄金比率1.618(逆数0.618)は特に注目され、衝撃波を見極めるポイントでも強く意識されます。

修正波の副次波に現れるフィボナッチで気付いた方もいるかと思いますが、修正波のc波動はその多くがa波動×1.618以内に収まります。

つまり、3波動目が1波動目×1.618を実線(ヒゲではなく)で越えてくると、そのフォーメーションは修正波ではなく3波(又は5波)延長型衝撃波である可能性がグッと高くなるわけです。

ただ、ジグザグのc波などはa波×2.618などと大きくなる場合もあるので、越えたからといって必ず衝撃波になるというわけではありません。

また逆に、越えないから衝撃波ではないということでもありません。3波動目が1波動目とさほど変わらない大きさである場合も衝撃波に発展することもあります。
※このようなケースでは、その多くは5波動目がエクステンションする5波延長型衝撃波になる

あくまでも目安となるものですが、この1.618ラインは特に強く意識され、この付近は売りと買いが交錯して激しい動きによくなります。



実際のチャートでのフィボナッチ



ユーロドル日足チャート

実際の為替チャートのフィボナッチ比率
上はユーロドル日足チャートに現れた3波延長型衝撃波。衝撃波に現れるフィボナッチを実際の為替チャートで確認してみたいと思います。


この推進波トレンドの中には、自然の法則であるフィボナッチが至る所に現れています。


フィボナッチ・リトレイスメント
  • 2波動目1波動目×0.618
  • 4波動目3波動目×0.382

波動の倍率
  • 3波動目1波動目×3.00
  • 5波動目3波動目×0.618

フィボナッチ黄金区分
  • 衝撃波全体(3波延長型衝撃波)は4波動目安値で0.618と0.382に区分
  • 延長波3波動目(5波延長型衝撃波)は4波動目安値で0.382と0.618に区分
  • 5波動目(3波延長型衝撃波)は4波動目安値で0.618と0.382に区分
  • 3-3波動目(5波延長型衝撃波)は4波動目安値で0.382と0.618に区分
  • 3-5波動目(3波延長型衝撃波)は4波動目安値で0.618と0.382に区分

エリオット波動はフラクタル構造となっているので、衝撃波(推進波)の内部波動も8波1サイクルで展開されます。そして、その内部波動にもフィボナッチ比率が同じように現れてきます。

このユーロドル日足チャートの推進波は、フィボナッチ・リトレイスメント、波動の倍率、フィボナッチ黄金区分が、ほぼ理想的な数値で現れていることがお分かりいただけると思います。

こうしてみるとエリオット波動とフィボナッチは、やはり自然の法則であると言えるのではないでしょうか。



優先されるのはフォーメーションの完成



ただ、ユーロドル日足チャートを注視すると、フィボナッチのポイントを少し行き過ぎているものがあります。

これは、フィボナッチのテクニカルポイントよりも、フォーメーションの完成が優先されること意味しています。

たとえフィボナッチのテクニカルポイントタッチから反転したとしても、フォーメーションが完成していなければトレンドは変わらないということです。

よくあるのは、衝撃波の3波動目でフィボナッチのテクニカルポイントにタッチして反転(4波動目)→最後の5波動目でテクニカルポイントを少し行き過ぎてトレンド転換→ヒゲを付けてテクニカルポイントに戻るといった展開です。

フィボナッチを使ったトレード手法では、フィボナッチのテクニカルポイントタッチで闇雲にエントリーするのではなく、そのフォーメーションの完成を見極めてからエントリーするのが理想的であると言えます。



フィボナッチを使ったトレード手法



フィボナッチが重なるポイントを狙う


フィボナッチを使った取引手法の一例


次はフィボナッチを使ったトレード手法です。

エリオット波動はフラクタル構造になっているため、各段階の波動が節目のポイントに向けて同時並行で進んでいきます。

そのため、波の節目ではフィボナッチのテクニカルポイントが重なって現れてきます(さらに言えば、チャネルラインやエリオット波動の定石のポイントも重なってくる)。

つまり、フィボナッチが重なるポイントは、エントリーのチャンスとなることが多いわけです。

上の図は、3波延長型衝撃波の修正4波動目拡大フラット(3-3-5)終点から、5波動目の終点までを狙ったトレードの一例です。

エントリーポイント

  • 3波動目(又は1→3波動目)のFR38.2
  • 拡大フラットc波=a波×1.618
  • 拡大フラットc波5波延長型衝撃波のフィボナッチ黄金区分
  • 3波動目の4波最安値(エリオット波動の定石のポイント)

フィボナッチのテクニカルポイントが3つ(段階は異なる)、さらにエリオット波動の定石のポイントも重なるところでエントリー(赤丸)。


利益確定ポイント

  • 3波延長型衝撃波全体のフィボナッチ黄金区分
  • 5波動目副次波  5波=1波×1.00

フィボナッチのテクニカルポイントが2つ重なるところで利益確定。

あくまでも一例ですが、このようにフィボナッチが重なれば重なるほど、そこは波の節目である可能性が高くなります。

また、フィボナッチ、チャネルライン、エリオット波動の定石のポイントの他に、一目均衡表雲、Pivot、ボリンジャーバンドなど、その他のテクニカル指標が重なってくるようであれば、そこはまさに強力な反転ポイントです。




フィボナッチの基礎知識とその手法まとめ


  • エリオット波動はフィボナッチが数学的基盤となっいる
  • フィボナッチとは「フィボナッチ数列」を利用するところに由来する
  • フィボナッチの黄金比率は特に注目される
  • 衝撃波の様々な場所にフィボナッチが現れる(リトレイスメント・倍率・黄金区分)
  • 修正波の副次波にもフィボナッチが現れる
  • フィボナッチ黄金比率1.618は衝撃波と修正波の分岐点によくなる
  • トレードはフィボナッチが重なるポイントがエントリーチャンスとなる

今回は、波の大きさに対するフィボナッチ分析についてでしたが、フィボナッチは「ひとつの波の他の波に対する時間」にも現れてきます(5波+3波のエリオット波動サイクルは、時間的に黄金比率に近づこうとする傾向がある)。

この辺りは次の機会に綴ってみたいと考えています。

以上、「フィボナッチの基礎知識とその手法」でした。

※エリオット波動については「エリオット波動理論を使いこなす為の基礎知識」をご覧ください