まずはここから! エリオット波動の推進波

今回の第5回エリオット波動入門は、FXトレードで知っておくべき推進波の3つの種類について綴ってみたいと思います。 




FXトレーダーの勝ち組は、この推進波を狙い撃ちしてきます。 なぜなら、トレンドを大きく押し進めていくのは、この推進波であるからです。この推進波の大きな波にタイミングよく乗ることができれば、間違いなく大きな見返りが待っています。

また、この推進波をマスターすると、そこまでランダムに動いているように見えたFX相場の波が、実はエリオット波動の8波1サイクルで動いているということがはっきりと分かるようになってきます。つまり、波動を数えることが出来るようになってくるわけです。

ぜひ皆さんも、エリオット波動の推進波をマスターして常勝トレーダーを目指してください。



エリオット波動推進波のアイキャッチ画像

トレンドを押し進める3つの推進波



3つの推進波イメージ


FX相場がひとつ上の段階のトレンド方向に進んでいく場合には、常に5つの波で構成される推進波という波動パターンで、力強く相場を押し進めていきます。

この推進波には3つの種類があります。

推進波


  • エンディング・ダイアゴナルトライアングル
  • リーディング・ダイアゴナルトライアングル
  • 衝撃波



そして、最後の衝撃波(インパルス)は、さらに3つの種類に分けられます。

衝撃波


  • 1波延長型衝撃波
  • 3波延長型衝撃波
  • 5波延長型衝撃波



FX相場をエリオット波動でカウントする場合には、これら推進波の基本形や特徴を理解しておく必要があります。

特に最後の衝撃波は大事です。

なぜらな、FX相場に現れる推進波のほとんどは衝撃波であるからです。

リーディング・ダイアゴナルトライアングルと、エンディング・ダイアゴナルトライアングルは、あまり現れることはない特殊な推進波で、しかも現れるポイントも限定されています。

FX相場のどの段階の波動にせよ、推進波はほとんど衝撃波をカウントすることになります。衝撃波は、エリオット波動のカウントの基本となるので、しっかりと理解しておくことをお勧めします。

きっと、精度の高いカウントに繋がり、またトレードの勝率もグンと上がってくると思いますよ。




内部波動が異なる2つの特殊推進波


まずは、FX相場ではあまり現れないエンディング・ダイアゴナルトライアングルとリーディング・ダイアゴナルトライアングルです。

衝撃波は、1波動目と4波動目が重複することはありませんが、この2つの特殊推進は1波動目と4波動目が重複してくるという特徴があり、また現れるポイントもそれぞれ限定されています。


エンディング・ダイアゴナルトライアングル

エンディング・ダイアゴナルトライアングルのイメージ



エンディング・ダイアゴナルトライアングルは、その名の通りトレンドの最後に現れるくさび型の収束のトライアングルで、稀に拡大型のトライアングルになることもあります。

現れる場所

衝撃波の内部波動の5波動目に現れ、この後に逆方向にトレンドが大きく変わっていくことを示唆しています。また、修正波abcのc波や、ダブルスリー、トリプルスリーの最後にも現れてきます。

内部波動

エンディング・ダイアゴナルトライアングルは、衝撃波やリーディング・ダイアゴナルトライアングルとは違い、3-3-3-3-3の内部波動を展開してきます。この点は、修正波のトライアングルと同じですね。

その他の特徴

エンディング・ダイアゴナルトライアングルは、1波と4波が重複するという特徴の他にも、5波動目がよくトライアングルチャネルを一時的に上抜けてくるという特徴があります。エントリーは、再度トライアングルチャネルに戻て来たポイントが狙い目となります。

また、その後の1発目の反転は、エンディング・ダイアゴナルトライアングルの始まった地点まで戻るというガイドラインもあります。



リーディング・ダイアゴナルトライアングル



リーディング・ダイアゴナルトライアングルのイメージ



次は、もうひとつの特殊推進リーディング・ダイアゴナルトライアングルです。

この特殊推進も、エンディング・ダイアゴナルトライアングルと同様に、くさび型の収束トライアングルですが、現れる場所や特徴が異なります。


現れる場所

衝撃波内部波動の1波動目に現れ、トレンドがその方向に大きく進んでいくことを示唆しています。また、ジグザグ修正abcのa波にも稀に現れてきます。

内部波動

エンディング・ダイアゴナルトライアングルの3-3-3-3-3とは異なり、5-3-5-3-5という内部波動構成です。

内部波動が衝撃波と同じことから、展開途中で「これはリーディング・ダイアゴナルトライアングルだ!」と見抜くのはなかなか難しいようです。

ジグザグ(5-3-5)だと予想していたその終点を衝撃波で再び越えてきた場合、リーディング・ダイアゴナルトライアングルの可能性が出てきます。

その他の特徴

1波と4波が重複するという特徴以外にも、割りとゆっくり推移するという特徴があります。


以上、2つの特殊推進の基本形と特徴でした。 次に本命の衝撃波です。





ほとんどの推進波は衝撃波の形で現れる


3つの衝撃波イメージ



5波+3波の8波1サイクルのうち、トレンド方向に現れるこの5波推進波は、ほとんどがこの衝撃波という形をとります(インパルスともいいます)。この衝撃波は、段階が小さくなればなるほど、FXチャートの至る所に現れてきます。

衝撃波は、エクステンション(波の延長)の現れる場所によって、3つの種類に分けられます。

※エクステンションについては「波の延長 エクステンションとは?」をご覧ください。


  • 1波延長型衝撃波  1波動目が延長  波の大きさは1>3>5
  • 3波延長型衝撃波  3波動目が延長  波の大きさは3>5>1、又は3>1>5
  • 5波延長型衝撃波  5波動目が延長  波の大きさは5>3>1


この3つの衝撃波には、共通の3つのルールがあります。簡単ですが、とても大事なルールです。



衝撃波の3つのルール

衝撃波3つのルール


衝撃波のルールは、


  • 2波の終点は、1波の始点を越えない
  • 1波・3波・5波の中で、3波は一番小さな波動とはならない
  • 1波と4波は重複しない


この簡単な3つだけです。

エリオット波動は、常にこのルールを意識しながらカウントしていくことになるで、この3つのルールは簡単でありながらとても大事な根幹部分となります。

衝撃波は3波延長型衝撃波が最もよく現れますが、この内部波動の3波動目は、相場をトレンド方向に力強く引っ張っていく波動となります。「相場は3波(c波)を狙え!」という格言もこのことからきています。

共通の特徴としては、それぞれの内部波動1波・3波・5波は、それ自身推進波を展開してきます(ひと回り上の段階のトレンドに進む波動は常に推進波)。

また、衝撃波はチャネルラインに沿って展開していくという特徴があるので、エリオット波動のカウントは、チャネルラインを併用することで、より精度の高いものになります(1波延長型衝撃波と5波延長型衝撃波は、機能しなくなることがあります)。


3つの衝撃波については、それぞれ異なった特徴もあるのですが、それは次の機会にお話ししたいと思います。

※参考として「エリオット波動3つの衝撃波」をご覧ください


最後に、実際のFXチャートでは、これらの推進波がどのように展開しているのか見てみましょう。





ひとつ上の段階のトレンド方向に現れる推進波

実際の推進波チャート
まずは、前回までのエリオット波動入門の要点をおさらいしてみます。


  • トレンドは、5波推進波と3波又はその変形の修正波を繰り返しながら進んでいき、ひと回り大きな段階の8波1サイクルを作り出している
  • 相場には段階があり、推進波はひとつ上の段階のトレンド方向に現れる


この2つでした。

上のユーロドルFXチャートで、この要点を確認しながら推進波を見てみます。


まず、大きな段階で3波延長型衝撃波推進波】をユーロドルは展開していると予想しています(1波2波3波4波5波)。つまり、大きな段階では上昇トレンドであるわけです。

そして、内部波動(ひとつ下の段階)の1波3波5波は、ひとつ大きな段階のトレンド方向に進むので、それぞれの波動は推進波が現れます。

1波 リーディングダイアゴナルトライアングル【推進波】
3波 5波延長型衝撃波【推進波】
5波 4波修正波の後に【推進波】が現れることが予測できる

そして、エクステンションしている3波5波延長型衝撃波内部波動(さらにひとつ下の段階)の135は、ひとつ大きな段階のトレンド方向に進んでいるので、同じく推進波が現れます。

1 5波延長型衝撃波【推進波】
3 5波延長型衝撃波【推進波】
5 3波延長型衝撃波【推進波】

このように、8波1サイクル(5波+3波)を繰り返しながら進んでいること、そして、ひとつ大きな段階のトレンド方向に進んでいく波は、必ず推進波が現れるということが確認できます。

また、これらの推進波のほとんどは、衝撃波の形でFXチャートに現れるということがお分かりいただけたと思います。

「内部波動はどうやってカウントしているの?」というご質問を頂くことがありますが、小さな段階の内部波動も、時間軸を落としたチャートで、チャネルやフィボナッチ黄金比率、そして衝撃波の3つのルールなどを使いカウントしています。

※内部波動のカウントは前回の「FXチャートで各段階の波動を検証してみた」をご覧ください

FXは、大きなレバレッジをかけられて取引されるので、所々で行き過ぎが発生していますが(特に小さな段階)、エリオット波動の推進波の基本形と特徴、また衝撃波の3つのルール通り動いていることが確認できると思います。

エリオット波動は、自分でカウントして初めてその楽しさが分かり、また、FX相場で今まで見えなっかった部分が見えてくるようになってきたりします。 ぜひ皆さんも、ご自身で推進波をカウントしてみてください。きっとその楽しさが味わえると思いますよ。

※エリオット波動のまとめ記事は「エリオット波動理論を使いこなす為の基礎知識」をご覧ください

以上、今回のエリオット波動入門は、3つの推進波を掘り下げてみました。次回は修正波について綴ってみたいと思います。