早くも1~3波の0.382リトレイスに到達

今週は、クロス円が大きく動いてきました。 なかでもユーロ円が大きく上昇し、約2年ぶりに月足一目均衡表の雲を実線で上抜けてきました。





ドル円とユーロドルはともに衝撃波の4波動目を展開中ではと予想していますが、このユーロ円に引っ張られるような格好で、ドル円はトライアングルチャネルまで大きくプルバックしてきています。

また、ユーロドルも大きくリトレイスしてくることなく横這いで推移しています(株式市場とは違い、為替市場はどうしても関連通貨ペアの影響を受けるので、FXでエリオット波動を使う場合はこの辺りを常に意識しておきたいところです)。

今週の動きで、ドル円とユーロドルの波動が少しずれてきていのでしょうか? 来週はともに下を目指すといった展開になる可能性もありそうです。

ドル円とユーロドルが同方向に進むとなると、神経質な動きになりそうです。 ひょっとするとユーロ円の調整の下げに引っ張られるといった展開になる可能性もあるのでしょうか。

来週は展開が読み難い1週間となりそうですが、特にクロス円の動きに注意しておきたいと思っています。


為替予想に入る前にこのブログのカウント表記についてひとつ。

相場は、8波1サイクル(5波の推進波+3波、又はその変形の修正波)のフラクタルになっていて、幾つかの段階に分かれています。

一般的には、グランドスーパーサイクル~サブミニュエットの9つの段階に分かれていると言われています。そして、カウントの表記は、各段階の波動が区別できるように、アラビア数字やアルファベットに〇や()を付けて表示されます。

しかし、このブログでは、かえって難しい印象を与えてしまうのではという理由から「ひとつ上の段階」などの言い回しを使っています。

また、表記についても、昔とは違い様々な色が使えることから、主に色分けやその大きさで各段階の波動を区別できるようにしています。

このように一般的な表記とは異なっていますが、この点はご容赦ください。

ただ、大事なのは「相場は8波1サイクルのフラクタル構造になっていて段階がある」ということを理解しておくことだと思います。






ユーロドル、5-4波動目に移行している?

今週も1波ラインの上で推移

ユーロドル為替相場日足チャート
ユーロドル為替相場日足チャートです。 ユーロドルは今週も2-4チャネル1波ラインの上で推移して、先週の終値とほとんど変わらないポイントに位置しています。

前回の週間予想と変わりなく、現在は5-4波動目に移行していると予想しています。流れとしては、5-4波動目→5-5波動目で衝撃波全体が完成といった展開ではないでしょうか。

予想通りに5-4波動目に移行しているのであれば、1-3チャネルを行き過ぎてから5-5波動目がスタートしてきそうです。

ただ、最後の5-5波動目は、5-4波動目のリトレイスの大きさ如何によっては、2-4チャネルの3波ラインタッチの可能性もあるかもしれません。

来週はドル円も下方向の雰囲気なので、ユーロドルと同方向の展開となるのかが問題です。

どちらかが予想と違う展開になるのか?、又はユーロ円が下げて、ドル円とユーロドルがともに下げる展開になるのか?

週明け序盤は神経質な展開になるのかもしれません。


次に5-3波動目付近の展開を時間軸を落として確認してみます。


修正1発目はフラット?

ユーロドル為替相場4時間足チャート
ユーロドル為替相場4時間足チャートです。

5-3波動目は5波動目がエクステンションすることなく、3波延長型衝撃波で既に終点を迎えたのではと考えていますが、週明けはまず2-4チャネルを下抜けてくるかが焦点となりそうです。

今週の展開を見ると、修正1発目はフラット修正(3-3-5)を展開中でしょうか。このフラットが、ひとつ上の段階のa波、又はW波になるのかもしれません。

修正4波動目の理想的終点は、3波動目(又は1~3波動目)の0.382リトレイスポイントです。最終的にはこの辺りまでリトレイスしてくるのでしょうか。






トライアングルチャネルまでプルバック

再び一目均衡表の雲中へ

ドル円為替相場週足チャート
ドル円為替相場週足チャートです。

先週は、ボリンジャーバンドの-2αを越えてきましたが、今週はそこから大きく反転して、再び一目均衡表の雲の中に戻ってきました。

今週は、丁度トライアングルチャネルの位置までプルバックして終了しています。ユーロ円の影響やトライアングルを意識した買いが入った為だと思われます。

この週足チャートの段階で見れば、トライアングルはE波チャネル行き過ぎからの反転で既に終了したように見えますが、最後の1波が残っているのではないでしょうか。



最後の1波が残っている?

ドル円為替相場日足チャート
ドル円為替相場日足チャートにM.F.Pivotを表示させたものです。

ドル円は、トライアングルE波のジグザグc波衝撃波を展開中とイメージしていますが、現在はその4波動目を展開していて、まだ最後の5波動目が残っているのではと予想しています。

最後の5波動目は、トランケーションの可能性もあるかもしれませんが、E=C×0.618ライン、c波=a波×1.618ライン、そして、M.F.Pivotのサポート1が重なる付近が終点になるのかもしれません。



早くも理想的リトレイスポイントに到達

ドル円為替相場4時間足チャート
ドル円為替相場4時間足チャートです。

今週の動きはとても難解な展開となっています。まず、3波動目の終点が不透明で、赤丸か青丸のどちらなのか判断出来ていません。

一応、3波動目-3で2-4チャネルの3波ラインタッチ→3波動目-4がランニングトライアングル3波動目-5が1波延長型衝撃波というカウントを入れてあります(トランケーション。ユーロ円の影響で0.618区分にも若干届かず)。

そして、次に不透明なのが反転後の波動です。5波延長型衝撃波にもジグザグにもカウントできる微妙な波動となっています(もし、5波延長型衝撃波であるならば、深くリトレイスしてくる可能性や、トライアングルが完成した後の足掛かりの1波動目の可能性も出てきそうです)。

修正4波動目の理想的終点は、1-3チャネルを一旦越えて、3波動目、又は1~3波動目の0.382リトレイスに到達したポイントです。今週はまさにこの理想的終点のポイントで終わっています。

波動をしっかりと見極められていないのでなんとも言えませんが、この辺りから5波動目が始まってもおかしくないと思われます。

ただ、ここが4波動目終点であることが濃厚というわけではありません。ユーロドルの状況やリトレイスに掛かった時間、そして、オルターネーションを考えると、ここまでが4波動目副次波のa波又はW波といった展開である可能性もありそうです。

来週は、ユーロドルやユーロ円の展開が大きく影響してきそうですが、どちらにしてもこのまま上に抜けていくことはないのではと予想していますが・・・。さてどうでしょうか。