2-4チャネル越えで調整入り

ドル買いの流れが進んできています。押しや戻りはあると思いますが、やはり今後2~3年はドルストレートに妙味があるのではないでしょうか。



ポンドドルが週足段階の0-2チャネルを明確に下抜けてきました。この0-2チャネルは今後強いレジスタンスになってきそうです。

ただ、衝撃波の2-4チャネルを越えてきていることから、ポンドドルは調整に入った可能性もありそうです(最後の5-5は1波延長型衝撃波?)。少し注意しておいた方がいいかもしれません。

為替予想の前に修正波の段階についてひとつ。

トレンドが出ている時は、単純な修正波であればa→b→c(その変形であればWXY、WXYXZ)からの反転を確認後や、前の衝撃波終点(5波動目終点)をブレイクしたポイントでポジションを建てていくという戦略が有効です。

ただ、前者の場合、段階の見極めが必要となります。

修正波は、一見同じ段階のように思える展開であっても、実はひとつ下の段階の展開であるということがよくあります。

たとえば、単純なジグザグのabcが終わったと思えても、そのジグザグはフラットの内部波動のa波だったり、複合のW波であることもあります。

押し目や戻りを狙ったトレードではこの辺りに気を付けておくと「ん! まだ修正波は継続しているようだ。いったん利益確定しておこう」などと臨機応変に対応できるようになってきます。

修正波においては、修正パターンの見極めとともに、この段階の見極めが大きなポイントになると言えそうです。





調整入り? 2-4チャネル越え


1波×1.618、M.F.Pivotサポート3から反転

ユーロドル為替相場日足チャート
ユーロドル為替相場日足チャートにM.F.Pivotを表示させたものです。

ユーロドル直近の下降は、1波動目の1.618倍ラインまで延びてきました。しかし、ここから調整に入った可能性が高いようです。

M.F.Pivotサポート3タッチから反転、ヒゲの部分1.618倍ラインを行き過ぎといった流れでした。ヒゲの部分の行き過ぎということなので、辛うじて修正波である可能性を残したというところでしょうか。

しかし、既に3-3波動目が3-1波動目の1.618倍を越えてきていることから、遅かれ早かれこのラインを抜けてくると予想しています。


ここからの可能性としては


  • 3-3波動目が1波延長型衝撃波の展開になる(3-3波動が継続でM.F.Pivotサポート4と月足一目均衡表の雲ラインが重なるポイント付近まで下降する)。
  • 3-3波動がこの1.618倍ラインで終了。3-5波動目が延長波となる。


この2つの展開をイメージしています。

この全体の衝撃波がどの段階の波動であるか今のところ正確には分かりませんが、最終的に3波動目は、3波動目1波動目×2.618、3.000、4.000まで大きくなる可能性があるのではと予想しています。

そして、この衝撃波全体の5波動目が更に延長波になる可能性もありそうです(優先順位の高いのはこのイメージ)。



3-3波動目0.236、a波×1.618倍までリトレイス

ユーロドル為替相場4時間足チャート
ユーロドル為替相場4時間足チャートです。

先週の週間予想からカウントを変更してあります。その後の展開から考えると、5波動目の延長波は3波延長型衝撃波の可能性が高そうです。

トライアングルからの5-5波動目で、E波終点で0.382区分される3波延長型衝撃波。また、全体は4波動目の終点で0.618に区分される5波延長型衝撃波で、2-4チャネル3波ラインタッチが終点。4波動目の修正期間は気になりますが、これが正解かもしれません。

次にその後の展開です。今週末に衝撃波の2-4チャネルを越えてきていることから、調整局面に入ったのではないでしょうか。

大きくリトレイスしてくるのか? それとも小さなリトレイスで終わるのか? 

現在進行中の衝撃波が3つの種類のうちのどれなのかによって、その大きさは変わってきそうです。

また、少し気になるのがポンドドルの波動展開です。ユーロドルは3波動目ですが、ポンドドルは1波動目である可能性もあります(ポンドドルも2-4チャネル越え)。

この辺りもユーロドルのリトレイスの大きさに影響を及ぼしてくるのかもしれません。

直近では、3-3波動目の0.236リトレイスとc波=a波×1.618ラインの重なるポイントまで修正してきています。ここまでが単純な修正パターンのa波、複合型のW波、そしてトライアングルのA波のいずれかになるのでしょうか。

修正波が横這いの展開になるのであれば、0-2チャネルや4時間足一目均衡表の雲がレジスタンスになってきそうです。


最後にドル円を簡単に。



拡大フラットからの上抜けは否定された

ドル円為替相場4時間足チャート
ドル円為替相場4時間足チャートです。

ドル円は、0-2チャネルと1-3チャネルの間でのもみ合いが相変わらず続いています。

今週の展開では、拡大フラット(c波=a波×2.618)の展開で上抜けしてくるかと思っていたのですが、結局この波動は3波構成で終わっています(黒枠)。

そうすると、拡大フラットの展開ではなく、やはり3波動目の衝撃波はすでに完成していると考えるのがいいのかもしれません。

これでまた展開が読めなくなってきました。まだ、ジグザグと衝撃波の両目線がいいようです。




現在は、クロス円がその方向について行っているので、ポンドドルやユーロドルが大きく動いています。

しかし、中長期的にドルストレートで最も大きく動いてくるのはドル円では?と密かに期待しています。

クロス円が反転してくるとき(円インデックスの下降衝撃波が本格的に動き出すとき)、それがドル円の仕込みどころになるのかもしれません。

ひよっとすると円インデックスもジグザグのb波がトライアングルを展開しているのでしょうか?

以上、週間為替予想でした。