週間為替予想 米ドル1波ラインタッチから反転 

米ドルが3-5波動目(予想)で上昇してきましたが、今週末2-4チャネルの1波ラインタッチから反転してきました。調整局面に入った可能性がありそうです。



前回の週間予想は、ドルインデックスが上、ユーロドルが下。波動が合っていない状況で「ドル円は下方向に進める?」と考えていましたが、クロス円主導の展開で苦労しながらも下方向のトレンドを進めてきました。

そうすると、やはりドル円は(B)がトライアングルを展開してきているということでしょうか?

波動はかなり複雑な展開でタイミングが計り難いですが、下では積極的に買い増ししたいと考えています。

ただ、ドルインデックスは、衝撃波内部波動3波動目が2-4チャネルの1波ラインにタッチして、調整の下降ターンが始まった可能性もありそうです。

もしそうであるならば、ドル円、ドルストレートの波動展開に大きく影響してきそうですが・・・。

前回の予想から大きな変更点がないので、今回の週間為替予想は簡単に。





3波延長型衝撃波であればこの辺りが理想的


5波動目が延長波に発展する可能性もあり


ユーロドル為替相場日足チャートエリオット波動予想カウント
ユーロドル為替相場日足チャートエリオット波動予想カウントです。

ユーロドルは、3波、又は5波延長型衝撃波の内部波動3波動目を展開中と予想しています。

やはり、3-5波動目がスタートしていたようで、直近安値、週足一目均衡表雲、そして前の衝撃波4波安値を下抜けて大きく下降してきました。

これで、前の衝撃波が3波延長型衝撃波であることが確定し、また、現時点ではどこの段階になるのかは正確には分かりませんが、現在の下降が衝撃波である可能性が濃厚となってきたようです。


フィボナッチでこの3波動目を見てみると・・・


フィボナッチで見る3波動目の現在地



  • フィボナッチ黄金区分 4波高値又は終点で0.382で区分
  • 波動の倍率 3波動目=1波動目×3.00
  • 波動の倍率 5波動目=1波動目×1.618

ユーロドルの内部波動の3波動目が3波延長型衝撃波であるならば、この辺りが理想的終点付近であるようです。

※フィボナッチについては「エリオット波動 フィボナッチの基礎知識とその手法」をご覧ください


また、チャネリングで見ると・・・


チャネリングで見る3波動目の現在地



  • 2-4チャネルの1波ラインタッチ
  • 1-3チャネル2波ラインタッチ

フィボナッチと同じく、チャネルで見てもこの辺りで3波延長型衝撃波が終点を迎えるのが理想的だと思われます。

ただ、2-4チャネルは、3波動目で一度タッチした後に、5波動目で再度タッチしてくることがよくあり、もう1波残っている可能性もありそうです。

前回の為替予想でも触れましたが、3-4波動目(トライアングルにも見えますが複合型修正波ではないでしょうか?)の終点が見極められていません(緑丸の3つのいずれか)。一番右が終点であれば小さな1波が残っているように思えます。

※上の2-4チャネルは真ん中の終点で引いています

ただ、いずれにしても5波動目が延長波にならないのであれば、この辺りで3波動目が終わるのではないでしょうか。

しかし、RSIを見ると、まだダイバージェンスは現れていないので、5波動目がエクステンションしてくる可能性も充分にありそうです。


※5波動目がエクステンションした場合の終点は、前回の週間為替予想をご覧ください

※チャネルについては「エリオット波動で意識される3つのチャネル」をご覧ください




0-2チャネル越えと円インデックスとの連動


c=a×0.618は達成

ドル円為替相場日足チャートエリオット波動予想カウント

ドル円為替相場日足チャートエリオット波動予想カウントにM.F.Pivotを表示させたものです。

ドル円は、下げるのに苦労しながら、かなり複雑な展開で下降してきています。逆に、ドルインデックスがこの勢いで上げてきたのに、よくここまで下げることが出来たという見方もできそうです。

既に、前のジグザグ0-2チャネルや、節目のラインを下抜けてきていることから、前の波動がジグザグであることが濃厚になったようです(見込み波の可能性はある)

そうすると、直近の下降はトライアングル最後のE波の展開でしょうか?

今のところ、E波は単純なabc修正波のジグザグを予想していますが、違う3波構成になる可能性もあるかもしれません。

ジグザグだとして予想を続けると、おそらく7/26までの下降がa波(a波衝撃波副次波1波動目ということは考え難い)。そして、直近はc波を展開中。

ここからトライアングルチャネルまでc波で下降してくるといった展開も否定はできませんが(実際に前のCはc=a×2.00でした)、今回はE波なのでチャネルに届かない可能性が高いのではとイメージしています。



既にc=a×0.618は達成してきていて、これから下で意識されるのは・・・


E波終点として意識されるのは


  • 0-2チャネル(ジグザグチャネル)
  • c=a×1.00ライン
  • c=a×1.618ライン
  • M.F.Pivotサポート1.2.3.4
  • 日足ボリンジャーバンド
  • 日足・週足一目均衡表の雲


現在進行しているcは、EDTや複雑な形の衝撃波にも見え、カウントを絞り込めないので、この辺りを意識しておきたいと考えています。

現在は、0-2チャネル(ジグザグチャネル)に沿って下降しています。この0-2チャネルを実線で勢いよく抜けてくれば、それがE波が終点を迎えたというサインになるのかもしれません。

また、現在予想しいるドル円の(C)推進波は、円インデックスの(C)推進波からくるものです。つまり、ドル円の(C)推進波が動き出す時は必ず円インデックスと連動した動きになることが予想されます。

「円インデックスと連動している動きであるか?」というところも(C)推進波スタート見極めのポイントになりそうです。


最後にドルインデックスを簡単に。




ドルインデックス1波ラインタッチで調整入り?


米ドル(ドルインデックス)は、ユーロドルとほぼ同じ展開で推移しています。

今週、ユーロドルと同じく3波又は5波延長型衝撃波内部波動の3波動目が節目を迎えた可能性がありそうです。


  • フィボナッチ黄金区分 4波(複合型修正波?)安値で0.382で区分
  • 2-4チャネルの1波ラインタッチ

3波動目が3波延長型衝撃波であるならば、この辺りが3波動目の理想的な終点であるようです。

直近のドル円はクロス円と相関で動いているものの、ドルインデックスが調整局面に入ったとするならば、上げ難い環境になることが予想されます。来週以降はこの辺りも注意しておきたいと考えています。  以上、週間為替予想でした。