【エリオット波動/為替予想】ドル円もう一度下を試す展開か?

ドル円は、日足一目均衡表雲にサポートされながら、かなり底堅い展開を見せています。しかし、現在地が修正波2波動目であるならば、もう一度下を試してくる可能性もありそうです。


エリオット波動で最も勢いのある波動は延長波(エクステンションした波動)です

3波延長型衝撃波であれば副次波3波動目、5波延長型衝撃波であれば副次波5波動目(延長した副次波の延長波はさらに強力)。

この延長波が発生すると、ほとんど場合、明らかにそれであると分かるような勢いでトレンド方向に進んでいきます。

ドル円は、その延長波のタイミングが少しずつ近づいてきているのではないでしょうか。

ただ、直近の下降が衝撃波である可能性があるため、ジグザグ系でもう一段下へ調整が進む展開も考えられそうです。




米ドル延長=ユーロドル延長?

ユーロドル為替相場日足チャートエリオット波動予想カウント
ユーロドル為替相場日足チャートエリオット波動予想カウントです。

ユーロドルの5波動目は、1波と4波がヒゲの部分重複していますが、波の大きさ1>3>5の1波延長型衝撃波と考えていいのではないでしょうか(各副次波が衝撃波なのでEDTではない)。

それにしても1波延長型衝撃波は、1波と4波がよくヒゲの部分重複します。

1波延長型衝撃波は、3波動目までの展開が5-3-5、しかも3波動目=1波動目の値幅より小さいので、3波動目まではジグザグそのものです。

ジグザグと考えるトレーダーが一斉に参入してくると、高レバレッジのFXではルール破れが起こってしまうようです。

この辺りは致し方ないのかもしれません。

さて、2-4チャネルの1波ラインタッチしたユーロドル。ここからは、エクステンションするのか(5波延長型衝撃波)? それともしないのか(3波延長型衝撃波)? が大きなポイントです。

米ドルがエクステンションしてくるのであれば、おそらくユーロドルも逆相関で延長してくるのではと予想しています。

ただ、エクステンションするにしても、このまま一気に安値を更新してくるといった展開は難しそうです。

力をためる調整が必要ではないでしょうか。

調整パターンやリトレイスの大きさは現段階では解りませんが、


  • 前の1波延長型衝撃波副次波2波高値付近
  • 月足一目均衡表雲下限
  • 2-4チャネル(青色チャネル上側)
  • 0-2チャネル(黒色チャネル下側)
  • 5波動目の0.500~0.618リトレイス

この辺りは強く意識されそうです。

この付近まで出来るだけ引き付けてから売っていくというイメージですが、横這いの修正波(例えば、Wフラット→Xジグザグ→Yトライアングル)というようなある程度時間をかけた展開もあるかもしれません。

直近の反転波動(2-4チャネルタッチ以降)を確認すると、どの段階のものになるのかは分かりませんが3波構成のようです。この点からみても、延長波に発展してくる可能性がかなり高いのではと予想していますが・・・。




ジグザグであればもう一段下を試す?


月足一目均衡表雲は強力なサポート

ドル円為替相場月足チャートエリオット波動予想カウント
ドル円為替相場月足チャートエリオット波動予想カウントです。

ドル円はこの月足の段階では上昇トレンド(5-3-5-3-5の推進波トレンドではなく、おそらく5-3-5の修正波トレンド)。

(A)波の5波延長型衝撃波に費やした期間、そして(B)波の調整期間、これらを考えると、いつ(C)波の推進波で勢いよく上昇し始めてもおかしくない状況だと思われます。

しかし、なかなかそのスイッチが入らないようです。本格的な上昇は年明けからでしょうか?

テクニカル的には、様々な指標で買いのサインが出始めてきており、この月足の段階においても一目均衡表雲を明確に上抜けてきています。

一目均衡表雲や0-2チャネルは強力なサポートラインになるのではないでしょうか。


出来るだけ引き付けて買い

ドル円為替相場日足チャートエリオット波動予想カウント
ドル円為替相場日足チャートエリオット波動予想カウントです。

米ドルやユーロドルと比べると、ドル円の波動展開は複雑で難解。

あてにはなりませんが、予想としては、


  • 1波動目の衝撃波がトランケーションで終了
  • 修正a波が5波延長型衝撃波(赤点線枠)
  • 直近は修正b波のジグザグで上昇している


このような展開をイメージしています。

つまり、現在は修正2波動目のジグザグ(複合型修正波のWなどの可能性もあり)。

もしこの展開であるならば、赤点線枠の5波延長型衝撃波の5-2の高値やa波の0.618リトレイスポイントまで上昇した後に、もう一度推進波で下を試してくる展開になる可能性もありそうです。

1波動目の0.618リトレイスや月足一目均衡表雲上限付近まで、出来るだけ引き付けて買いというイメージでいますが・・・。



直近の下降は3波構成=延長波の可能性高い?

ドルインデックス日足チャートエリオット波動予想カウント
米ドル(ドルインデックス)Dailyラインチャートエリオット波動予想カウントです。

米ドルの展開は、ユーロドルとほぼ同じ展開。

既に3波動目がエクステンションしていますが、このままではひと回り上の段階の目標に届きません。

このまま5波動目がエクステンションしてくる展開になるのではないでしょうか(ここまでがひと回り上の段階の1波動目という可能性も少しあり)?

2-4チャネルの1波ラインタッチ後の反転波動(赤枠)も、5波構成の推進波ではなく、3波構成のジグザグ(段階は不明)で終わったように見えます。

上昇トレンドの継続を示唆しているのではないでしょうか?

ただ、ユーロドルと同じく、このまま上抜けていくといった展開は難しいように思います。

修正パターンは現段階では分かりませんが、2-4チャネルを越えて、前の1波延長型衝撃波副次波2波動目安値付近や5波動目の0.500や0.618までリトレイスしてくる可能性もありそうです。

※エリオット波動については「エリオット波動理論を使いこなす為の基礎知識」をご覧ください



米ドルの5波動目がエクステンションしてくるならば、その5-3とドル円の延長波が連動してくるのでしょうか?
現在描いている優先順位の高いイメージを綴ってみました。以上、週間為替予想でした。