エリオット波動の5波を狙って収益を上げる手法



エリオット波動の3波動目以降の展開(修正4波)は大変難解で、いろいろなパターンがあります。自分の思い描く展開にならないことも多く、時に損益を計上してしまうこともあります。


修正4波中はトレードを休んで、次の5波動目がスタートして、3波の高値をブレイクからエントリーするのがいいのかもしれません。

しかし、3波動目以降の展開のパターンを知っておくことは、トレーダーに様々な利益をもたらしてくれます。

今回は、そんなエリオット波動の修正4波の代表的な展開パターンと5波を狙って収益を上げるためのエントリーポイントを解説します。

こちらをご覧になる前に「これからエリオット波動を始める方へ」をご覧頂くと分かり易いと思います。










エリオット波動の修正4波のパターンとエントリーポイント





エリオット波動の修正4波が現れる場合、まずその前提条件として、その波動が推進波でなければなりません。

よくある負けパターンは、5波動目の上昇を狙って修正4波でロングのエントリーしたものの、蓋を開けてみれば推進波ではなくabc修正(3波構成)で、そのまま大きく下降してしまったというものです。

この推進波と修正波の判断が出来ていないと痛い目にあってしまいます。そのような目にあわないために、まずは推進波と修正波を見極めるためのポイントを確認してみます。





エリオット波動の推進波と修正波の見極め方


推進波と修正波を見極めるには、主に次の3つの方法が考えられます。

  • 波動構成の推移とひとつ上の段階の現在地を確認する
  • 進行中の波形を確認する
  • 1波と3波の大きさのフィボナッチ比率を確認する



波動構成の推移とひとつ上の段階の現在地


推進波と修正波の見極めには、進行中の波動の前の波動構成の推移を確認することがポイントになります。

前の波動構成が5波動構成であるならば、進行中の波動は3波動構成の修正波の可能性が高くなります。 ただ、トレンド転換ポイント、また3-3-5構成の修正波の後では、推進波の後に推進波が現れることもあります。

また、ひとつ上の段階の波形を確認するのも有効な方法です。  1時間足チャートのトレードであるなら、日足の波動をカウントして現在地を確認すれば、推進波と修正波の見極めに大いに役立ちます。



進行中の波形を確認

推進波イメージ
クリックすると大きくなります


上の図は、修正波と推進波の3波動目までの一般的な波形です。両方とも同じ3波動目までの波形ですが、推進波と修正波では大きく波形が異なります。

右の図は推進波の波形ですが、ポイントが3つあります。


  • 1波目は5波動構成である
  • 2波動目の押し目は深くなることが多い(50.0、61.8、79.0などのリトレイス)
  • 副次波の3波動目は推進波を形成している(修正波の3波動目もほとんどが5波動構成)


以上のポイントを満たした右の図ような波形であれば推進波の可能性が高く、4波動目の修正後の5波動目は狙っていきたいところです。

一方の左の波形はポイントを満たしておらず、3波止まりの修正波の可能性が高くなります。



1波と3波の大きさのフィボナッチ比率

フィボナッチ比率1.618倍のイメージ
クリックすると大きくなります

1波と3波の大きさのフィボナッチ比率も、推進波と修正波を見分ける大きなポイントになります。

これは3波動構成の修正波の場合、3波の大きさは1波の大きさのフィボナッチ比率1.618倍を超えてくることはほとんどないという原則を利用したものです。

つまり、3波動目の大きさが、1波動目のフィボナッチ比率1.618倍を実線で超えてくれば、進行中の波動は推進波であることが濃厚となる訳です。

ただ、為替相場は大きなレバレッジや、他通貨の影響から行き過ぎが起こりやすく、3波動の修正波であっても実線で1.618倍を超えてくることも稀にあるので、柔軟に対応するのがいいでしょう。






5波を狙ってのエントリーポイント




推進波と修正波の見極めが終わり、推進波の可能性が高い場合、いよいよ5波を狙ってのエントリーポイントを探っていくことになります。

エリオット波動において、4波動目の修正パターンは数多く存在し、4波動目の途中でのトレードは、なかなか思い通りにはいきません。できるだけ4波の終点にポイントを絞ってエントリーするのが最善の策かもしれません。


3波動目のFR38.2

クリックすると大きくなります


4波動目の終点になる可能性の高いポイントは2つあります。

ひとつ目は、3波動目のフィボナッチ比率38.2のリトレイスポイントです。その他50.0のポイントでもよく反転してきます。

また、1波から3波の値幅の38.2のリトレイスポイントでもよく反転してきます。 


チャネルライン


ふたつ目は、1-3チャネルの2波終点から引いたラインにタッチポイントです。しかし、このチャネルを少し超えた後に、5波の内部波動の1波動目で戻ってくるケースもよくあります。 戻りを確認した後からのエントリーでもいいかもしれません。


以上のふたつのポイントが重なる場合は、そのポイントが終点になる可能性がさらに高まります。


その他のテクニカル指標


エリオット波動と相性が良いその他のテクニカル指標もあわせて確認しておくと、更に精度が高まります。

例えば、1時間足でトレードしているのであれば、1時間足の一目均衡表の雲、1時間のフィボナッチPivotのサポート、レジスタンスなどのポイントが、3波動目のFR38.2のリトレイスや、チャネルラインにタッチに重なれば、そのポイントは強力な反転ポイントになります。




以上のように4波動目の終点付近でのエントリーを心掛けておくと、様々なパターンの4波動に惑わされることも無くなることでしょう。

また、4波動目の終点を意識するだけではなく、この4波動目のパターンを知っておくことは、トレーダーに多くのメリットをもたらしてくれます。




エリオット波動の修正4波のパターン


修正波の波形を知っておくことはトレーダーのメリットになります。

冷静に相場を見ることができ、トレードのストーリーを描きやすくなることが最大のメリットではないでしょうか。 

展開の予測ができれば、最善のポイントでエントリーできるようになり、また思い通りの展開にならなかった場合の損切りも適切なポイントで行えるようになります。


それでは、その代表的なパターンを見てみましょう。




トライアングル(ランニングトライアングル)修正

トライアングルのイメージ
クリックすると大きくなります



4波動修正では、トライアングルがよく現れてきます。

エリオット波動のオルタネーションの法則から、2波の修正が急こう配の修正(ジグザグなど)であった場合は、この4波動目に横這いのトライアングルになることが多く、上の図は、3波の高値を更新してくるランニングトライアングルです(高値を更新しない普通のトライアングルもよく現れます)。


トライアングルは、3波構成ではない特殊な修正波で、ABCDEの5波動構成となります。それぞれの内部波動は3波動で構成されるため、3-3-3-3-3の展開となります。

理想的なエントリーポイントはE波の終点付近で、いかに早くトライアングルの波形を見抜けるかがポイントです。

注意点として、このランニングトライアングルは途中まで拡大フラット(3-3-5)と同じ波形を構成してくる点と、しばしばE波はトライアングルチャネルを超えてくる点です。

闇雲に直近高値のブレイクでエントリーしていると、このランニングトライアングルのダマシにあうので注意しておく必要があります。

もうひとつ注意点があります。
クリックすると大きくなります


もうひとつの注意点は、上の図のように、トライアングルに思える波形を展開していても、思い描く方向とは逆の推進波を展開してくる可能性もあります。

見極め方としては、トライアングルチャネルの中の1波動目が3波構成ではなく、5波動構である場合は、トライアングルではなく、逆方向の推進波である可能性が高くなってきます。

ひとつ上の段階の波形や、フィボナッチ比率1.618倍などのポイントも考慮しながら、慎重にエントリーしたいところです。




拡大フラット修正

拡大フラットのイメージ
クリックすると大きくなります


拡大フラット修正の内部波動は3-3-5構成で、b波は3波の高値を更新してきます(高値を更新しない、普通のフラット修正もよく現れます)。そして最後のc波の推進波がa波の安値を下回り、チャネルラインを行き過ぎてから5波動目がスタートするのが一般的です。

b波はa波の1.272倍や、1.382倍の大きさによくなります。

理想的なエントリーポイントは、c波がa波の安値を下回ったチャネルライン付近と、b波の高値をブレイクした付近です。

最後のc波5波動をチャネルなどを使用しながらカウントして、終点を探ると精度が上がります。

注意点として、拡大フラットのc波は、よくチャネルラインを大きく超えてくることがある点です。

特に、小さな段階(5分足など)では、c波はa波の1.618倍の大きさになることもよくあります。 対処法としては、チャネル、フィボナッチ比率などを使いながら、c波(5波動構成)の内部波動をカウントすることです。


もうひとつの注意点としてランニングトライアングルと同じく、a波(3波動構成)の終点を2波動目(abc修正など)と勘違いして、直近高値のブレイク(b波)のダマシにあわないようにすることです。

対処法としては、a波が終了するまでの期間を確認してみることです。 もし、1波動目より短い期間で最初の3波が終了して、さらに1-3チャネルにも届いていない場合、それは2波動目修正波の終点ではなく、フラット系のa波の可能性が高くなります。



ジグザグ修正

ジグザグのイメージ
クリックすると大きくなります



2波動目が横這いの修正であった場合、稀にジグザグ修正が4波動目に現れてきます。

ジグザグ修正の内部波動は、5-3-5構成となっており、b波はa波のフィボナッチ比率61.8以内で終了してくることが多く、この61.8付近では売り買いの激しい攻防がよく行われます。

c波の大きさは一般的に、a波のフィボナッチ比率1.00倍で、a波の始点とb波の終点を結んだチャネルラインにタッチして終了することが多いので、この付近が理想的なエントリーポイントになります。 また、3波の高値ブレイク付近も理想的です。



複合型修正

複合修正波
クリックすると大きくなります


修正2波動目が急こう配な修正(ジグザグなど)の場合、4波動目にこの複合型の修正も現れてきます。

複合型の修正は、X波(ほとんどがジグザグ)を挟んで、2つの修正波が複合的に現れる修正波で、一般的にWXYと表記され、3つの修正波が複合的現れる場合もあり、その時の表記はWXYXZとなります。

上の図は、W(ジグザグ)、X(ジグザグ)、Y(トライアングル)となったもので、その他にもX波を挟んでジグザグが続けて現れるダブルジグザグなどがあります。


この複合型の解説は、次回に改めて解説したいと思います。





5波の利益確定ポイント


4波動目の終点付近でタイミングよくエントリーできた後は、利益確定ポイントのストーリーを描く必要があります。

通常の3波動目延長型の推進波の場合、5波動目の値幅は1波のフィボナッチ比率1.00倍や、1.618倍になるのが一般的です。

さらに正確に終点を探る場合には、最後の5波動目の推進波(5波動構成)を、チャネルなどを使いながらカウントすることをお勧めします(付け加えると、2-4チャネルの1波、又は3波ラインタッチでほとんどが終点を迎える)。 

ただ、推進波には1波延長型や5波延長型などがあり、そのエクステンションの仕方によって、利確ポイントを探る手法が変わってきますので、この点も次回に改めて解説したいと考えています。








まとめ




エリオット波動の5波動目を狙ったトレードにおいては、様々なパターンが存在する4波動目の途中でのエントリーではなく、終点付近でのエントリーする方が勝率は高まる。

4波動目の終点は、3波動目の38.2のリトレイスポイントや、1-3チャネルを行き過ぎたポイントになることが多く、またその他のテクニカル指標もあわせて確認しておくと更に精度の高い反転ポイントを探ることができる。




ドル円、クロス円の動向は「為替予想」をご覧ください。




Powered by Blogger.